住宅の月々の返済は固定資産税も考慮すべし

月の支払いはローンだけではありません!

ローン,固定資産税,太陽光

 

新築を考え始めた時、必ず考えなくてはいけないのがお金の話。当たり前すぎですけど、ちょっと!ちょっと待ってくださいよ!

 

大体の人達はアパート、賃貸の時と同じくらいの月々の支払いでいけたら良いな、と漠然に思っています!月々の支払いが多くなるよりは同じ方が…当然です!では早速どの項目を考慮して返済を考えるかを見ていきましょう

 

 

1.光熱費は安くなる?

多くのハウスメーカーは住宅ローンの借り入れから、月々の支払いを算出して、今現在と比べてどうか…というアドバイスをしてくれます。最近ではどのメーカーも省エネ住宅の意識が高く、うちで建てると光熱費が一般的な住宅と比較してこれだけ安くなります!と言ったトークもよく聞きますね!

 

実際、断熱性能の高い家は光熱費を抑えることはできますが、家の大きさ、家族構成、共働きかどうか等で違ってきます。家の性能が良くなったからといって今の光熱費より安くなるかどうかは分かりませんし、余りに曖昧です。

 

多くのメーカーが出している資料はあくまで同じ家の大きさで、同じ生活スタイルの人が平成4年基準の断熱性能の住宅で生活した場合と、自社の断熱性能の住宅で生活した場合と比較するとどうなるか?といったデータを出しています。

 

ですので光熱費が下がるかどうかは月々の支払いの比較項目に入れてはいけないのです!

 

2.固定資産税は見落とされがち

収入源として太陽光を考慮していいように支出源として考えておかないと痛い目にあう項目が2つあるんです!それは何か!固定資産税と浄化槽のメンテ!まずは固定資産税から考えておきましょう。

 

 

月々の支払いは固定資産税を考慮して計画するべき理由は、中々金額が太いからですね!建築場所や、建物の、大きさによってかなり変わってきますが、10万程度〜年間必要になります。月に直すと9000円〜毎月固定資産税として支払う必要があるのです!

 

 

今の金利で言うと100万借りて月3000円程度35年ローンの場合アップするのでザッと300万は余分に借りた計算になっちゃいます!これはデカイ!良く固定資産税がこんなに高いとは思わなかった…なんて言葉を良く聞きますので!

 

住宅ローンで月々7万で抑えることができたバンザイ!!なんて浮かれているあたな!固定資産税を考えるとあと毎月1万は固定資産税でお金が必要です!

 

3.浄化槽の維持費は忘れられている

続いて浄化槽です!浄化槽地域の方は要注意!(下水道地域の方は考えなくて良いですよ)あまり意識されてませんが清掃、保守点検、法定検査を考慮すると年間で4万から6万位が目安でしょう!(五人槽の場合)

 

また浄化槽にはブロアと呼ばれる機会がもれなく付いてます!細かい説明はしませんがコレは24時間365日動かしておかないといけませんので、この電気代が年間1万程度かかります。

 

つまり先ほどの維持管理費と電気代合わせて、年間5〜6万程かかる計算になります!これも考慮しておきましょう!

 

4.太陽光発電による収入はどうか?

続いて太陽光発電による月々の収入と支払いの恩恵ですが、これは季節による増減は有るもののある程度安定して得られる収入なので.月々の支払いを考える上でその恩恵は考慮して良いでしょう。

 

太陽光発電による売電単価は年々減少していますし、10年経過後の買い取り単価はおおむね11円/kwhとされています。あとす5.6年もすれば太陽光発電は売電ではなく家に貯める方向に変わっているかも知れませんね。(H28年2月の記事です)

 

まとめ

月々の支払いは

  • 住宅ローン
  • 固定資産税
  • 浄化槽の維持管理費

 

収入源として

  • 太陽光による売電(※将来的には変化していきます)

 

を考慮して月の支払いを計画する事が最も現実的!



TOP ご相談・ご依頼 プランの基本 プランの応用 失敗談 成功談 間取図集