子供部屋の広さとレイアウト

子供部屋・ベッドルーム

子供部屋,計画

子供部屋の大きさは一般的には4.5帖から6帖程度ですが、親の子供の教育への考え方や、将来の想定の仕方によってかなり異なってきます。子供部屋を考えることはとても難しいのです。

 

とりあえず子供が過ごすだけなら4.5帖程度でも良いでしょう。4.5帖あれば洋服をしまう収納とシングルベットと勉強机が置けます。しかし実際に4.5帖にこれだけを詰め込むとあと人が一人二人立てる程度のスペースができて終わりです。

 

かなり物でいっぱいなので狭いと感じられることが大半です。狭いと感じるので少し広くして5帖から6帖で落ち着くことが多いですが、子供部屋をあまり快適にしたくないという考え方もあります。

 

快適な空間にしてしまうと子供が自分の部屋にこもってしまう可能性があるからです。快適な空間にあえてせず、みんなが集まるリビングやダイニングに誘導すると言った具合です。

 

本当にとりあえず勉強だけをして、寝ることが主な使い方であれば4.5帖あれば大丈夫です。以下に4.5帖〜8帖までの部屋のレイアウトを見てみましょう。

4.5帖の部屋レイアウト

4.5帖の部屋のレイアウト

 

6.0帖の部屋レイアウト

6帖の部屋のレイアウト

 

8.0帖の部屋レイアウト

8帖の部屋のレイアウト

 

子供部屋は将来空き部屋となる可能性が高い部屋でもあります。成長しいずれは独り立ちする時期になれば使わない部屋となり物置部屋に代わってしまうこともしばしばです。将来の移り変わりを考えるとあまり子供部屋を大きくとる必要もないように感じますが、住む人の思想なり考え方の影響が大きくでるところでもあります。

 

たかが子供部屋ですが、されど子供部屋です。しっかりと考えて大きさや配置、窓の計画をして自分たちの考え方にあった空間にしましょう。

 

 

間取りのポイント間取り図書き方のポイント!!

・4.5帖あれば学習机・ベット・クロークの設置が可能

・6帖あれば+テレビも置ける程度

・8帖あれば+テレビも置ける程度+十分な余白スペース

 


スポンサーサイト


TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集