間取りと家族構成の変化の将来像

家族構成の変化

家族,将来像

今計画をしようとしている家、購入を予定しているマンションにはだれが住むのでしょうか?今の家族構成と、10年後20年後家族構成は変わっているはずです。

 

これは誰もが分かっている事です。みんなこの事を想像しながら家を計画し、マンションの購入を決断しているのです。

 

間取りと家族構成の将来的な変化は切っても切り離せません。

 

まだ子供が小さい若夫婦であれば、近い将来子供がまた増えているかもしれません。子供が小学生、中学生くらいの夫婦であればあと10年もすれば子供は家を出て、県外の大学に行ってしまうかもしれません。

 

子供が高校生くらいであれば、10年経つと大学を卒業し就職でまた戻ってくるかも知れませんね。さらに年月がたてば2世帯での生活も始まるかもしれません。

 

家族の正確な将来像は分かりませんが、ある程度の想像はつくはずですので、これを考えながら、新居の購入を考えていく必要があります。

 

具体的には

 

  • 部屋数(将来必要になったり、不要になったりします。)
  • 部屋の広さ(不要になった時に、無駄に広くないか?子供が部屋を使うのはせいぜい10年程度です。)
  • 収納の量(家族が増えれば物増える。家族構成は変わらなくても物は増える(笑))
  • トイレ(2か所目のトイレは必要か?または親と同居した場合トイレの位置はどうでしょう?)

 

が主なものとして挙げる事が出来ます。それぞれ将来必要になったり不要になったり、その場合の広さや位置を考えておく事が、重要です。マンションの場合は難しいでしょうが、高層の部屋購入するか、低層位置の部屋を購入するかで変わってくる事でしょう。

 

 

間取りのポイント間取りのポイント!!

家族構成の変化を考えておく

 


将来像と現実

家族,将来像

将来像ばかりを気にしていると現実が面白くなくなるのも事実です。部屋の数が多い家を買おうと思うとその分、家全体の面積が大きくなるのでコストアップになりますし、飽きがこないシンプルな家が良いかと思い購入を考えても、入居する時のワクワク感はないでしょう。

 

やはり、一生に一度ないしニ度しかない新居を購入すると言う大イベントなわけですので、購入した時のワクワク、ドキドキする気持ちもとても大事だと思います。

 

新居を購入するという行為は楽しいものでなければいけませんし、計画する段階から楽しんで進めていきたいものですね。

 

間取りのポイント間取りのポイント!!

楽しい気持ちが大事

 



TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集