寝室の広さの目安とベッドとテレビの配置

寝室の広さを4.5畳から10畳まで比較してみる

寝室,広さ,目安

「寝室は何畳あればダブルベッドがおけるか?」「無理なくシングルベッドを2つ並べると何畳あれば良いのか?」、「テレビの配置はできるか」と言った質問は打ち合わせの中でも頻繁に登場してくるテーマです。

 

 

新築を考える上ではLDKと同様に必ず寝室も必要な部屋なのでとても重要な部屋なのです。

 

 

必要以上に広いと勿体ないですが、狭すぎると予定していた家具がレイアウト出来なかったりと残念な結果になる可能性もあります。将来的な使い方も視野に入れながら広すぎず、狭すぎずの丁度良い広さを考えていきます。

 

寝室の必要な広さは人それぞれ使い方が違うので正解はありません。ご自身の使い方をよく考えて広さを決めましょう。それでは早速どうぞ!

 

 

1.最小限度4.5畳の寝室とは

寝室,広さ,目安

寝室で四畳半で検討される方はほぼいませんが、実際実現するとどうか?と言うと,かろうじてシングルベット(幅約1m)が2つおける広さです。つまりダブルベッド(幅約1.4m)も1つであればおけますし、シングルベッド+テレビも可能でしょう。しかし図面を見るとわかるとおり、ほぼベッドで占めています。これではかなり部屋に入った時に圧迫感がでてきます。

 

本当に寝るだけで良いから収納や、LDK等に面積を使いたい方は割り切っても良いかもしれません。もしくはご夫婦で別室の方が良い!とお考えの方には4.5畳の寝室が2部屋と言う考え方もあり得ます。

 

6.0畳の寝室の感覚

寝室,広さ,目安

寝室で6畳はよくある広さです。決して広いわけではありませんがシングルベッドとダブルベッドを並べて置くことも可能です。シングルとダブルを並べるとトータルの幅が2.4m程度になりますので夫婦2人と子供2人であればみんなで並んで寝転がる事も出来てしまいます。

 

贅沢広さはいらないけれど、家族みんなで寝る空間欲しいと思われるご家族には良い広さかもしれませんね。また将来的にお子様が巣立ってご夫婦だけになってもダブルベッド+テレビも設置できますので、寝室としての機能は十分果たしてくれますので、無駄がなくちょうど良い大きさと言えるかもしれません。

 

7.5畳〜8.0畳の寝室

寝室,広さ,目安

寝室,広さ,目安

30坪〜40坪程度の家の大きさを検討されている方は、最も要望が多い広さの寝室です。7.5畳は少し特殊なサイズで図面をおこしましたが、横長形状であればダブルベッドを2つ並べることもできてしまいます。

 

お子様が3人いるご家庭でも、家族5人、子供が小さいうちはみんなで寝ることができそうです。片側に寄せて配置することで+テレビの設置もできてしまいます。

 

また8畳程の広さになってくると、ダブルベット+シングル+テレビもおけます。ご家族みんなで寝てなおかつ寛ぐ事も可能な広さです。使い方としても余裕が出てきますのでご要望としても多いですし、ご提案する広さとしても基本的にご満足いただけるスタンダードな空間になってきます。

 

10畳の寝室

寝室,広さ,目安

10畳を望まれる方は私の経験上少数派です。45坪〜の少し大きめの家を計画している方で話に出る程度なのですが、これくらいの大きさがあるとベッドを置いてさらに、コーヒーテーブルとイスであればおけてしまう広さがあります。

 

また書斎コーナー等を設ても良いかもしれません。それくらい余裕のある空間なので、将来的な使い方も考えて10畳必要かどうかを判断すると良いでしょう。

 

寝室の目安・まとめ

寝室はLDKに続いて使用する時間が長い部屋です。しかし使い方や使う人は限定的な部屋ですので広すぎても、狭すぎてもダメですので広さを決めることは意外と難しいのです。ここでその使い勝手の目安のをまとめると以下のようになってきます。

 

  • 4.5畳・・・夫婦二人で寝るだけの部屋
  • 6畳・・・子供が幼少期に家族(4人)がみんなで寝る事できる広さまた夫婦人で寝て+テレビも置ける広さ
  • 7.5、8畳・・・子供が幼少期に家族(5人)がみんなで寝ることができる。テレビの設置も可能
  • 10畳・・・寝る・テレビを置く+サイドテーブルを置く、書斎コーナーを設けるなどプラスアルファが十分にできる広さ

 

注意点:寝室の使い方は家族の成長と共に使い方も変わってくる部屋ですので、将来的な変化を見据えて何畳の寝室が最適かを考えておく必要があります。



TOP ご相談・ご依頼 プランの基本 プランの応用 失敗談 成功談 間取図集