駐車場に必要な寸法

駐車スペースとサイズ

乗用車の基本駐車寸法

 

駐車場,計画

 

 

軽自動車の基本駐車寸法

 

駐車場,計画

 

車の駐車計画はまず一般的に必要な駐車スペースを理解する所から始まります。まず一台の駐車に必要な広さは乗用車の場合3m×5.5mが基本となります。軽自動車のケースは当然ですが常用車に比べ必要な空間は小さくて済みます。

 

おおよそ2.5m×4.5mが基本となります。乗用車と同じように±30cmぐらいで最小スペースと余裕のあるスペースが出来ます。

 

2台並列駐車の基本駐車寸法 

 

駐車場,計画

2台を並列で駐車スペースを計角くするときは上記の寸法を基本サイズとしましょう。最小寸法を求める場合は-50cmまでいけますが、かなり窮屈な感じになります。つまりそれぞれの横幅最小寸法は乗用車2台の場合は5.0m、乗用車と軽自動車の場合は4.7mとなってきます。

 

 

縦列駐車の基本駐車寸法

駐車場,計画

 

二台並列の場合は5.5m×5.5mが基本となり、乗用車と軽自動車の並列の場合は5.5m×5.2mが基本サイズでしょう。敷地に余裕がない場合は一台の場合2.5m×5m、並列の場合は5m×5mが最小の広さとなります。 余裕がある場合は3m×6m 6m×6mほど取れればかなり余裕のある駐車ができます。

 

縦列駐車の場合は7m×3m程度が必要になってきます。

 

そのほか駐車場についても検討する事はあるのですが、この程度知っておけば自分で間取りを作るには十分な知識と思います。このサイズを参考にして、建築予定地に駐車場を落とし込んでみましょう。

 

ちなみに駐車場の横幅が2.5mとは、市役所など公共施設の駐車場がほぼこの2.5m間隔で駐車場が計画されています。かなり窮屈に感じると思うのですがこれがほぼ最小のサイズと間隔です。

 

3mとはショッピングモールなどで先端が半円になって白線が引かれていますが、この幅が3mとなっています。かなり余裕をもって停める事が出来ると思います。

 

50cmの差がどれだけ大きいかが良く分かると思います。

 

公共施設などの駐車場
駐車場,計画

ショッピングモール等の駐車場
駐車場,計画


 


TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集