間取りの広さ、目安のまとめ

各部屋の基本的な広さを確認する

ここでは間取り図を書くのに必要な基本的な広さをまとめていますので自身で間取り図を考える時の参考にして下さい。
ここでは最も多い30坪〜40坪の家を想定した場合の基本的な広さを示しています。

 

玄関の広さ

間取りの広さ、目安のまとめ

下足箱を置くタイプの玄関とホールですが、ベースとなるのは横幅2.0m縦2.5mがベースの広さとなります。
あとは画像にあるように幅は最低でも1.8m縦幅は2.2m程度はとるようにしましょう。これより狭くても使えますが戸建て住宅の広さとしてはすこし使いにくい広さでしょう。

 

間取りの広さ、目安のまとめ

シューズルームを設けるタイプの玄関ですが、シューズルームの大きさは横幅1m〜2m×縦幅1.5m〜2.5mが適当な広さと考えられます。また玄関自体は下足箱を置かないので狭くても1.5m〜からとっておけば戸建の玄関としては適当な大きさと言えます。

 

 

キッチンダイニングの場合の広さ

間取りの広さ、目安のまとめ

キッチンダイニングの広さは幅3.5m縦5.0mがベースとなって調整していきます。幅は最小が3.5m程度と認識しておきましょう。最近の戸建住宅の主流は幅2.5mのキッチンです。ですのでキッチンの横に通路を考える時これくらいの部屋の横幅は欲しい所です。

 

ただしキッチンも2.0mサイズの物もありますので、さらいにコンパクトなキッチンダイニングを考えた時部屋の横幅は3.0mからでも間取りは成り立ちます。

 

土地の広さや予算など色々諸条件あるのでコンパクトな設計が必要な場合には横幅3.0m縦幅4.5mでもOKでしょう。

 

リビングの広さ

間取りの広さ、目安のまとめ

リビングで単独で計画をする場合の広さのベースは3.0m×3.5m(≒6.4畳)となります。これ以上狭くなるとリビングとしては圧迫感が出やすいので最低でも6畳程度は確保しておきましょう。

 

できれば3.5m×3.5m程度あると比較的ゆったりした空間ができ、テレビとソファーの距離感も程良く取る事ができます。

 

 

LKD一体型の広さ

間取りの広さ、目安のまとめ

ここではLDKが一体となった場合の空間を考えています。この場合の基本広さは3.5m×7.5m(≒16畳)となります。この大きさで4人掛けテーブルと、テレビ、ソファーのレイアウトが無理なくできる広さです。

 

少しコンパクトな計画が必要な時は7m程度でも良いでしょう。ただし7mとなるとダイニングとリビングで3.5m×4.8m程度になってしまうのでダイニングテーブルとソファー、テレビそれぞれの間隔がかなり近くなるので置ける家具の大きさ、レイアウトには多少妥協が必要になると思われます。

 

6人掛けのテーブルが置きたい場合は8m程度は欲しい大きさになります。

 

洗面脱衣の広さ

間取りの広さ、目安のまとめ

洗面脱衣所のベース広さは1坪1.8m×1.8m程度となります。この広さがあれば幅75cmの洗面台と一般的な洗濯機が無理なく置ける大きさです。洗面台と、洗濯機のレイアウト、扉の位置を考慮すればさらに幅30pの収納キャビネットを置く事も可能です。画像はちょうど洗濯機・75p洗面台・30pキャビネットを置いたレイアウトの間取りです。

 

1坪程度の広さがあれば大人一人が使う分には十分な広さですが、子育て世代で子供達と一緒に脱衣をする場合には1.25坪程度は欲しい所です。つまり1.8m×2.3mの大きさです。

 

主寝室とウォークインクローゼットの広さ

間取りの広さ、目安のまとめ

寝室はベースとなる広さは特にありませんが6畳程度あれば3m×3.5m、7畳程度であれば3.5m×3.5mもしくは3.0m×4.0m、8畳程度であれば3.5m×4.0mで計画すれば良いでしょう。

 

寝るだけの部屋と割り切れば6畳の寝室でも十分その機能は果たしますが、一般的には主寝室は7〜8畳程度を希望されるケースが多いです。また一種のトレンドの様なものですが、主寝室には9割型ウォークインクローゼットの併設を希望されますのでここではその広さについても解説をしています。

 

ウォークインクローゼットは短手方向で1.5m長手方向で2.0mが機能を果たす最低限の広さと考えます。もし1.5m×1.5m程度の広さしか取れない場合は収納の広さに対して人が立つスペースの割合が大きすぎる為、無駄な空間が多くなってしまい収納空間としての機能が果たせてないのでおススメできません。

 

子供部屋の広さ

間取りの広さ、目安のまとめ

子供部屋の広さは最低限2.5m×3.0m(≒4畳半)あればベッドと学習机と幅90p程度のクローゼットが計画可能です。

 

広くはないですがくつろぐ目的ではなくあくまで勉強する為の部屋と考えれば十分な広さです。最も多い子供部屋の広さは5畳〜6畳です。6畳あればかなりゆったりとした子供部屋が計画できます。

 

和室の広さ

間取りの広さ、目安のまとめ

和室の広さは用途により大きさは様々ですが、4畳半であれば子供部屋の場合と同様に2.5m×3.0m、もしくは2.7m×2.7mとなります。

 

6畳の場合は3m×3.5m程度の広さを取っておけば良いでしょう。和室の広さは用途によりけりですが、来客を泊める、もてなす空間という意味で6畳程度で設計するケースが一番多いのです。

 


TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集