サービスヤードの使い方

裏庭の計画

家の中の計画と合わせて、生活をする上で考えておかなければいけないのがサービスヤードの計画です。主に勝手口から出て一時的なゴミ置き場や、洗濯物を干すスペース、夏・冬用タイヤの保管など、家の中には置きずらい物を管理する場所のことです。

 

あまり意識しにくい空間かもしれませんが、家をきれいに保ち広く使うにはサービスヤードを上手に計画し生活しやすい空間を創造することが必要です。

 

また上手に計画すれば土地を無駄なく使うことができ、庭もきれいに見れる事もできますので、必要なスペースと広さをこのページで確認しておきましょう。

 

広く取りすぎでも庭が狭くなったり、駐車場が十分に取れなかったりするのでどれくらいが適切なのかを抑えておきましょう。

 

 

広さサービスの必要な広さですが最低でも奥行き1.2mは確保しましょう。これ以上狭くなってくるとただの通路になってしまいます。(物は置けなくはないですが・・・)1.2mあると人が立って通行できるスペースが60cm作業や物を置くスペースが60cmある事になるので、洗濯物を干す、ゴミを一時的に置く等ができるのです。

 

位置
名前の通り裏側にあるスペースのことですので道路側からは基本的にはあまり見えない位置を考えます。作業や保管場所としての役割が大きいので道路側や

 

スポンサーサイト


TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集