土地選びのポイント

間取りと土地の大きさの選び方

土地選び,ポイント

実際に建てる土地の大きさは、当然ですが実際の間取りの設計と大きく関係し合っています。土地全体の大きさは地価が高い都心付近では当然狭いですし、郊外に出れば広くなっていく傾向があります。

 

土地が狭いからと言って狭い家しか建てれない訳ではありません。逆もまたしかりで広い土地でも以外に大きい家が建てられなかったりもします。(これは建蔽率や容積率と言った建築の法律により所が大きいのです。)

 

プランニングの際に影響してい来るのは土地の大きさだけではありません、その形状にも大きく左右されてくるのです。同じ200uの土地でも10m×20mと5m×40mの土地では全くプランニングが変わってきます。

 

一番多いパターンですが、駐車場2台〜3台 4LDKを希望される場合は40坪〜60坪くらいの土地があれば比較的余裕のある設計が可能だと思われます。

 

土地の大きさが40坪を切ってくると駐車場の1台〜2台、3LDK〜4LDKと言った全体計画であればよいですが、上記のような計画の場合は少し厳しいと思われます。

 

あくまで一般的には程度の目安でしかありませんので、上手に設計すれば30坪の土地に駐車場2台 4LDKも十分可能なのです。そこはプロの腕の見せ所でしょうが、間取りを考える上での目安はこの程度だと言う事です。

 

また道路に接している幅もとても重要です。車を一台止めるには2.5mは必要です。2台であれば最低でも5mは欲しい所です。

 

ですので、道路と接している幅が5m以下の土地は駐車計画などで不利になる事が多いので設計難易度が高くなっていきます。この様な土地の場合は自分で間取りを考えるのはかなり難しいので、プロの設計士に任せましょう。


土地は生活

土地選び,ポイント

土地選びはその後の生活そのものを表しています。どのような土地が必要なのかはその人達次第ですので、どんなライフスタイルを想像しているのか、何が自分たちにとって重要なのかをしっかり頭に描いておきましょう。

 

はっきり言って色々なお客様を見てきましたが、どのような人にとっても100点の土地に巡り合えることは極めて稀です。(立地・日当たり・価格・学校区などなど・・・)

 

100点の土地に巡り合えればそれは本当にラッキーですが、どの土地も一長一短があるものです。比較検討する上で、何が一番重要なのかをしっかりと信念を持って選んでいかないと、後悔してしまうケースが多いように思います。

 

逆に絶対に譲れない項目があり、そこに関しては100点、他の項目は60点だとしても、きちんと信念を持って選んだ土地であれば満足して住まわれているケースが多いです。

 

土地選びの細かなポイントを解説している、書籍やサイトは沢山あるでしょう。ですから、ここではあえて細かなポイントは説明しませんが、もっとも重要と思える事を伝えたいと思っています。

 

何度も言うようですが、100点の土地はまずありません。優先順位、譲れないポイントこれをしっかり持って選ぶ事!これが一番重要です。

 

100点の土地を探してあれこれ選ぶと、そのうち誰かに買われてしまいます。不動産は一点ものです。ある程度比較検討はもちろん必要ですが、自身にとって最も重要視している項目が一番良い土地を選びましょう。

 

間取りのポイント土地選びのポイント!!

優先順位を明確にして土地を選ぶ!100点の土地は無!

 



TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集