防犯ガラスは戸建てに必要か?

防犯ガラスは何分持ちこたえられるのか

これから新築に住む人も、リフォームを考えられている人も、少なからず関心があるのが防犯についてです。ここでの防犯とは主に空き巣対策のことを指します。

 

被害に遭わないようにするためにはまず正しい知識と、狙われない家にすることが大切です。

 

まずは空き巣被害がどの様状況で起きているのかを確認してみましょう。被害のデータを分析する事で「防犯のポイント」が見えてきますね。

 

データは集計してる機関によって多少違いがあるのですが、戸建て住宅の空き巣被害では概ね以下の様なデータが出ています。

 

どこから侵入するの?

防犯ガラスは戸建てに必要?

 

やはり狙われるのは窓です。玄関ドアや勝手口はその次になってきます。防犯対策を優先すべきは窓だと分かります。近年の新築戸建ての玄関戸や勝手口などは格子が付いていたり、二重ロックが標準的になっているのでこちらに関してはあまり心配ないでしょう。

 

空き巣の侵入について

防犯ガラスは戸建てに必要?

 

実は一番多いのが鍵の閉め忘れによる被害です。当然と言えば当然ですね。もし自分自身で家の鍵をなくしてしまったら、まずどこかあいていないかチェックしますよね。

 

簡単に入れる方法がないか探るのは当たり前の行為です。勝手口や玄関戸はロックがしっかりしている場合が多いのでここがあいてなければ、その他開いている窓はないかを探って入れそうな窓があればそこを狙ってガラスを破壊するという流れが見えてきます。

 

 

侵入を諦める時間

防犯ガラスは戸建てに必要?

 

カギの締め忘れについてはご自身でどうにかするしかありませんが、窓を破られて侵入するまでについて、5分間以上、窓ガラスが割れず保つことが出来れば7割の空き巣は、諦めると言うデータがでています。10分以上かかればこの時点で9割近くのドロボーさんは退散していきます!

 

2分で諦める弱者もいれば10分以上粘る強者もいるようですが、1割未満の少数派です。

 

つまりおおむね5分以上時間を稼ぐことができれば防犯上かなり有効な窓だと分かりますね。この対策をとった商品が各メーカーが出している防犯ガラスになります。

 

 

様々なグレードの防犯ガラスが売られていますが、ただ残念ながら防犯ガラスを使うと、空き巣の侵入に対して○○分以上防御できますと言う保証はありません。

 

 

しかし防犯ガラスにはこんなマーク【CPマーク】 建物防犯部品 が張られています。

 

 

防犯ガラスは戸建てに必要?

 

 

 

このCPマークは、警視庁の実験データに基づき、実際に試験をして侵入に対する様々な攻撃に対し5分以上防御することができた商品に付いているマークです。「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同協議」の厳正な審査を経て、その防犯性が評価された部品につけられているのです。

 

CPマーク付いているだけでとりあえず普通?の空き巣はこのガラスを破壊して侵入するのに5分以上はかかるというので、それだけもかなり安心感がでてきます。

 

戸建ての場合全ての窓を防犯ガラスにすると非常に高価になってしまいます。採用する窓は1階の大きな窓・見通しの悪い場所に付いている窓に限定するとコストパフォーマンスが良いでしょう。

 

 


TOP ご相談・ご依頼 プランの基本 プランの応用 失敗談 成功談 間取図集