フローリングの種類と検討

主流は全部で3種類のフローリング

床材の中でも最も普及している床材はフローリングです。一言でフローリングと言っても多種多様、安価な物から高価な物まで非常にバリエーションも豊富です。

 

まず主流になっているフローリングは大きく分けると複合と単層の2種類に分類されます。複合フローリングも表面に貼る材質によってさらにシート(様はプリント)・突板(本物の木をスライスして貼ったもの)と分ける事ができるのです。つまり大きく分けると全部で3種類あるのです。

 

シートの複合フローリング

フローリング,種類

 

このフローリングは表面にだけ化粧板を施して、基材になる部分は合板を使用しており、木特有の反りやフロアとフロアすき間等がでないように加工されています。またこの表面の部分に様々な機能を持たせて商品化されているのが特徴です。

 

ノンワックス機能・表面に傷がつきにくい加工・ペット用に匂いのつきにくい、滑りにくい加工等など無垢フローリングにはできない加工がされており機能的な商品がそろっています。またベースには合板を使用している為、無垢フローリングと比較すると安価な所も特徴です。

 

基本的にプリントなので同じ色柄が並んでしまいますので、単調な風合いになってしまいます。風合いよりも機能優先!!と言う方におススメでしょう。

 

突き板の複合フローリング

フローリング,種類

 

表面に薄くスライスした本物の木を貼っており、ベースとなる基材にはシートと同じように合板が使ってあります。全部が本物・・と言うわけではありませんので、無垢と比較すると安価なのですが、『本物が使ってある』と言う所がポイントです。本物ですのでどれを見ても同じ柄・模様・色の部分がありません。

 

また日焼けもするので、その経年変化も楽しむ事ができます。無垢の様な風合を表現して反りやすき間ができないように加工された商品です。質感は無垢には劣りますが質感と機能のバランスがとれた商品群と言えそうです。さらに最近では通常表面の化粧部分は0.3mmの物が多いのですが、2mm程度厚くスライスした挽板という商品も出てきています。

 

表面に2mmも本物が貼ってあるの見た目は無垢フローリングにも遜色ありません。風合いもよいのですが、複合フローリングの中ではかなり高級商品の部類になります。

 

 

単層フローリング(無垢フローリング)

フローリング,種類

 

無垢フローリングは何といってもその風合い・質感が特徴です。見た目・足で踏んだ時の感覚などは複合フローリングには真似ができません。経年変化もおおきいので、それを楽しむ事ができるのも特徴でしょう。※樹種により経年変化の差が大きいもの、あまりないものとあります。

 

しかしやはり全てが本物の木を加工して作ってある為、木の持つ特徴が顕著に出てきます。夏場の湿気の多い時には湿気を吸って伸び、大きくなりますのでフロア同士がぶつかり反りや、冬場の感想時期には水分を放出して縮んでしまいますのですき間ができたりします。

 

すき間ができるとその間にゴミや、子供のこぼしたお菓子などがつまったりして衛生面でも不利になる場合もありますし、複合フローリングと比較すると傷が付きやすいので、住み始めて1〜2年でボコボコ・・なんて事も耳にします。

 

機能面では複合にはかないませんので、無垢の持風合いが好き!傷も風合いのひとつだ!と言える人向きの商品と言えます。

 

 

 

 

 


TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集