インテリアと色彩計画

色彩計画を考えてみる

ベースカラーのみのインテリア

インテリアと色彩計画の基本

全ての要素込のインテリア

インテリアと色彩計画の基本

 

インテリアというと家具や装飾品のことをイメージしがちなのですが、表現したいテイストにとって最も重要な事柄は色彩計画なのです。
ナチュラル・モダン・クラシック・プロバンス等を表現するにも」まずは色彩計画から始めるとよいでしょう。

 

面積の大きい床、壁、天井は【ベースカラー】、二番目に大きい家具や、建具(ドアの事)【コントロールカラー】、これらを引き立てる為の部材、小物は【アクセントカラー】と分けて計画をたてていきます。

 

配分はベースカラー70%、コントロールカラー25%、アクセントカラー5%で計画を考えていきます。部屋別の基本ではリビングや寝室等のくつろぎを必要とするゾーンは激しい色や、重い色は避けて落ち着きのある穏やかな色を使いましょう。

 

ダイニングでは楽しく食事のできる明るい雰囲気が大切で食欲の出る暖色系の色を使用するとよいでしょう。

 

色彩系買うのベースとなる考え方は色が人に与える心理的、生理的影響を考慮して用途に応じて色を使い分けたり、連続性を保ったりして気持ちを穏やかにしてくれる色彩計画をたてる事です。

 

※暖色とは赤・橙・黄色などの色合い 寒色とは青・青緑・青紫などの色合い 緑・紫等は中性色と呼ばれています。

 

写真は同じ間取りの写真を載せていますが、上はベースカラーのみ場合です。全体的に家具が入っていない(コントロールカラーがない)分テイストがぼんやりしています。せっかくの畳コーナーもイマイチ和風な雰囲気が出ていません。

 

ペンダントは和風なのですが、それが引き立っていない事が良く分かると思います。またアクセントカラーもないので単調なインテリアで終わってしまっています。

 

これらの要素を取り込んだものが下の写真になります。先程の欠点がを良く補っており、この間取りのテイストを良く表現しており、なおかつ観葉植物の緑がそのほかの色を引き立て、空間をゆたかにしています。

 

このようにインテリアは家具や小物も含めた色彩計画を考える事も重要なのです。

スポンサーサイト


TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集