誤解を解!平屋は何坪の土地の広さがあれば建てることが可能か

平屋は何坪の土地があれば建築できるかを考える

平屋,土地,広さ

 

平屋を建てたいけど、どれ位の広さの土地があれば平屋を建てることができるのか分からない!これは平屋あるあるです。

 

一概には言えないのですが簡単に結論をまとめると50〜60坪程度の土地があれば、3LDK〜4LDKの平屋で駐車場2台確保が可能です。(50〜60坪の土地の広さでは庭の広さは十分に望めませんのであしからず。)

 

土地を検討している段階で、平屋を建てることができる80坪〜100坪程度の広い土地を探しています。と言う方をお見受けすることがあります。どこで情報を得たのか、かなり広い土地が無いと平屋を建てることが難しいと思い込んでいます。

 

そんなことは無いのです。一般的に新規に造成されている土地で50坪〜60坪程度の土地でも十分平屋を検討することが可能なのです。今回はそんな平屋と土地の広さの関係をご説明します。

 

 

1.建蔽率を確認する

60坪の土地を購入したらまるまる60坪の家を建てることができる訳ではありません。建築基準法という法律に「建蔽率」という基本的な法律があり、土地の広さに対して建てることができる建物の大きさが制限されているのです。また少し郊外のいわゆる田舎では建蔽率などは定められていない地域もあります。

 

簡単に説明すると80坪の土地で建蔽率が60%と定められていれば、その土地には投影面積48坪までの家を建てることができるという法律です。建蔽率につてい詳しくはこちら→建蔽率と容積率の基本

 

冒頭に50坪〜60坪程度の土地があれば平屋で3〜4LDKで車2台可能と記載していますが、建坪率が定められている地域でこの広では難しい地域があります。それは用途地域が一種低層、二種低層住居専用地域に指定されている地域です。

 

この用途地域の場所は建蔽率が40%〜50%の場合が多く50坪の土地の広さでは20坪の平屋しか建てる事ができません。

 

さすがに20坪では2DLKが精一杯と言った感覚です。少し現実的では無いので一種二種低層住居専用地域の場合はやはり80坪程度の土地が必要と言えます。

 

その他の地域では建蔽率60%程度の場所が多くこの場合は50坪の土地でも30坪の平屋を建築することが可能です。30坪の広さがあれば十分4LDKの平屋を計画する事ができるのです。

 

つまり土地購入を検討している、またはすでに土地を所有していて@土地の広さとA建蔽率この二つを確認して(土地の広さ)×(建蔽率)を計算した結果、30坪程度の広さの平屋を建てることができそうであれば平屋を検討しても良いでしょう。

 

【計算例】土地の広さ200u(60.5坪)建坪率60%の場合
200u×60%(0.6)=120u(36.3坪)

 

2.平屋を計画しない方が良い周辺環境

いくら平屋が良くて、ある程度の広さが取れそうでも周辺環境によっては2階建を検討した方が良い土地もあります。それはどのような土地でしょうか?

 

想像に難しくないと思いますが、南側に建物が迫っており日当たりが確保できそうにない場合や隣接地に敷地一杯に建物が建っている場合です。

 

せっかくの平屋を計画しても日当たりが悪く居心地が悪い間取りになってしまっては本末転倒です。また隣接地に敷地一杯に建物が建っている場合も部屋からの眺望が悪くなり、快適な間取りにはなりにくいです。 

 

ただし条件によっては中庭を計画してみると解決する場合もありますので、設計士に相談してみるとよいでしょう。

 

3.実例からみる実際の広さの感覚

それでは実際に13m×13m=169u(51.12坪)、建坪率60%の土地に4LDK平屋を計画するとどうなるかを見てみましょう。西側道路で計画をしてみました。以下の図面はその図面です。

 

平屋,土地,広さ

 

どうでしょうか?かなり敷地一杯になりますがなんとか27坪の平屋を計画する事ができます。隣接地との離れ距離は1mで計画をしています。車2台分の駐車スペースをとると庭と呼べる部分はさすがに取れ無いことがが分かります。

 

上手に計画をすればリビングや和室の日当たりは確保できそうです。しかしリビングと和室を優先させましたのでその他の部屋が隣接地に近く快適な距離が保てているとは言えません。

 

つまり平屋の計画ができLDKは優先的に日当たりや風通しなど快適な空間にできたとしても他の部屋はある程度妥協が必要になってきます。

 

バックヤードもさほど取れていませんが、蓋付きのポリバケツを置く程度の広さは確保できていますので機能としては十分です。

 

50坪の土地で4LDK車二台分の駐車スペースを確保の条件で計画しましたのでこれをベースに考えていくと感覚がつかみやすいと思います。

 

60坪の土地になると4LDKでも車二台+庭も可能です。またもう少し各部屋を広く計画する事も可能です。ベースが分かるとどのような建物が建築可能か、敷地利用はどうなりそうかが急に分かりやすくなります。

 

自分の土地の広さで平屋が可能かどうかお悩みの方は参考にしてください。

 

4.平屋と土地の広さのまとめ

実際の土地と平屋の関係性の感覚はつかんで頂けたでしょうか?50坪程度の土地でも意外に平屋の設計は可能なのです。平屋だから80坪、100坪などの大きな土地は実は必要ありません。

 

平屋は土地の法的条件、敷地形状によりますが、建坪率と土地の広さを掛け合わせた結果が100u(約30坪)程度以上あれば4LDKの平屋を建築することが可能と思って良いでしょう。

 

また平屋を計画したときに敷地一杯になりそうな場合は全ての部屋を日当たり、風通しなどの条件良く計画する事はできませんので、ある程度の妥協が必要という事も頭に入れておきましょう。

 

妥協した部分については中庭の計画や、トップライトの採用などでカバーできる部分もありますので、設計士に相談してみると良いのです。



TOP ご相談・ご依頼 プランの基本 プランの応用 失敗談 成功談 間取図集