間取り作成は無料で!ネットで!お願いする時代になった

間取りを無料で頼める!使えるサービスはとことん使って!

ハウスメーカーに無料で間取り作成をネットで簡単にできる!

ホント時代は変わりわましたね!この業界にいても、ITの波はドンドン浸透してきてます。流れも速すぎで気を抜いたら一瞬で溺死しそうです(笑)

 

いつのまにか自分の住んでいる地域に対応しているハウスメーカー、工務店にネットで間取りや、土地提案がお願いできる時代になったんですね。しかも無料で!超簡単に!そんなサービスをお教えします。良い時代になりましたね!

 

 

1.ネットで間取り、土地提案を頼むメリットとデメリット

ハウスメーカーに無料で間取り作成をネットで簡単にできる!

スマホが登場したここ数年で住宅業界もお客様の獲得の仕方が大きく変わってきました。それは住宅展示場が最初の窓口では無くなってきているのです。

 

それは各メーカーも、すでに自覚しているところでネットでの顧客獲得に力を入れるようになりました。そのネットサービスとして、無料で間取りの提案、土地提案、資金計画書の提案をするというサービスを各社提携しています。

 

その重要性が分かっているため各社力を入れているので良い提案も期待出来るようになってきました。

 

ネットで間取り、土地提案をお願いする最大のメリットはなんと言ってもその「手軽さ」に他なりません。

 

展示場や現場見学は勿論見に行った方が良いですが、最初の段階で気軽に提案を受けるだけならネットでお願いした方が圧倒的に、そして気分的にも楽チンなんですよね!

 

だって住宅展示場に行ったら、必ずアンケート書かされるでしょう、そして営業が 30分位は案内に付き合って、3メーカー回ったら2時間位必要なんですよね。しかもその後はもれなく営業マンからの「その後どうでしょうか?」と言う電話付です。

 

しかし、最近はネットで展示まで360°カメラで撮影されて見れる始末!そんなメーカーも増えてきて・・・住宅展示場はそのうち必要無くなるんじゃ無いかと・・恐れています(笑)

 

ご紹介するネットで頼むサービスのメリットは短時間で、複数のメーカーにお願いができる!しつこい営業の電話がない!これですね!

 

でもね、デメリットもあるんですよ。会話をしながら要望を伝える訳では無いので要望を全て伝えることは出来ませんし、内在している要望を引き出してくれる相手もいません。

 

つまり全ての要望がピッタリ詰まった間取りが出てくる可能性は低いですが、その反面!!思いもよらなかった良い提案が出る可能性もあるのです。

 

提案する側も「全部は分からないからこんな提案を入れてみよう・・」そんな心理状態にあるので、思いもよらないナイスな提案があるかもしれないので、期待を込めてお願いしましょう。

 

2.間取りが届いた考える事

ハウスメーカーに無料で間取り作成をネットで簡単にできる!

お願いした間取りが届いたら、とりあえずは自分たちの基本的な要望をベースにした間取りが届くので何が良いのか、悪いのか、勉強になりますのでパートナーと確認しましょう。
この勉強になる事がとても大切です。たたき台の間取りが手元にきたらそれを元に、ご夫婦で話がしやすくなりますよね!

 

手元に届いてるその間取りは自分たちの基本的な要望を伝えて出てきた間取りなのですから、その図面にどんどん書き込みをしていくのです。

 

「もっとこうしたい」、「これはいらない」、「このレイアウトは採用したい」、「このベッドの位置はないな・・」など実際に手元に図面があると話がメッチャ進むのです。

 

プランもネットでいくらでも探す事が出来ますが、(当サイトでも間取り集を出してますが・・・(笑))自分たちのベースになる図面を探すことは非常に難しいのです。

 

ですので、間取り図集の使い方はその間取りの良いと思ったエッセンスを盗むことにあるのです。

 

手元に図面がきたら、徹底的に書き込みをして、その次にじっくり時間をかけて間取り図集を眺めてみましょう。その中にはきっと参考にしたくなる間取りの作り方が発見出来るはずです。

 

そしたらそれをブックマークすれば良いだけです。すると一気に自分たちの間取りが進化する要素が揃うわけです!いやー・・素晴らしい方法です!

 

因みに・・・
まだ土地が決まってないから!頼んだってしょうがないんじゃない?と思われている方!

 

間違ってます!実は土地の提案までしてくれると言うのです。ありがたや、ありがたや。もしくは依頼の時になんとなく候補地があれば
「南側道路 東西13m南北14m 182u程度の土地で検討中」とか情報を与えることでそれに合った間取りを提案してくることでしょう。

 

是非活用して良い家づくりのスタートをぶっちぎりで始めましょう。

 

3.どんなサービスか確認してみる

さてここまで分かれば頼まない手はないのですが、とりあえずどんなサービスかを具体的に確認する必要はあるでしょう。

 

そのサービスについての詳細は、こちらのページを確認してみて下さいね!↓↓

 



TOP ご相談・ご依頼 プランの基本 プランの応用 失敗談 成功談 間取図集