ドアの種類と開き方を画像で確認する

開き方や主要な用途を確認

住宅で使われる主要なドアの種類と特徴見てみましょう。それぞれの使い方や特徴がありますので、それを理解していれば納得いくドアの設計ができるでしょう。たかがドアの設計とあなどるなかれ。ドアの設置しだいで使い勝手や広がり感などがまったっ変わってきますので、その特徴をつかんでいきましょう。

 

 

開き戸
ドア,種類,開け方

最もなじみが深い形状のドアでしょう。このタイプの開き方を片開き戸と呼んでいます。片側が吊元になっており開けるのですが、ドアが開いて壁などにぶつからないようにドアストッパーを設置する必要があります。


 

 

 

片引き戸
ドア,種類,開け方

和室の入り口などに使われる事が多いドアです。最近ではバリアフリーの観点から引き戸ができるところは全て引き戸で設計を要望されるケースもありますので、片開き戸と同様にポピュラーなドアと言えそうです


 

 

 

引違戸
ドア,種類,開け方

こちらも和室等によく使わる形状です。2枚の扉がそれぞれのレールの上でスライドをして開けれるようになっています。つまり全開にしても片側分しかあけることはできません。

 

しかし扉自体はレールから取り外しが可能のタイプが多いので(※上吊方式の場合は難しいケースが多いです。)とってしまえば部屋を一体として使うことができますので、取り外して使うことを見越して設計するケースがあります。

 

ただし、取り外した場合は取り外したドアをどこかにしまっておく必要があるりますので、そのスペースも考えて御必要があります。


 

 

 

両開き戸
ドア,種類,開け方

主に収納のドアとして採用されます。観音開きともよく呼ばれています。両開き戸を採用する場合は2枚合わせて幅100cm程度以下での採用をお勧めします。

 

あまり横幅が大きくなってくると一枚の大きさが大きくなってきて1枚の大きさが50cmを超えてくると開けにくくなっていきます。


 

 

 

折れ戸
ドア,種類,開け方

こちらもおもに収納用のドアとして採用されます。2枚の扉が中央で折れて片側に納まっていきます。レール上をスライドして開けるのでとても開けやすく、また手前に出てくる扉の出が少ないので、廊下などの狭い場所の収納扉としてもとても有効に使えます。


 

 

 

両折れ戸
ドア,種類,開け方

折れ戸の場合は2枚扉ですが、4枚のバージョンです。両側に2枚ずつが納まる形状になっています。両側に開き横幅が大きい収納でも全開に開けて使うことができるので、物の出し入れが容易になります。

 

横幅大きくなればもちろんトータルの扉サイズは大きくなりますが、扉4枚が折れて納まるので、手前に出てくる扉の出が少なくこちらも廊下など狭い場所での使用に向いています


 

 

 

中折れ戸
ドア,種類,開け方

主にトイレで採用されるドアになっています。こちらも開いた時のドアの出が少なくて済むので狭い空間で採用されることが多いドアです。

 

引き戸を設けたいけど設けれないケースなどに省スペース設計をする時役立つドア形状です。


 

 

 

2枚引込み戸
ドア,種類,開け方

2枚のドアが片側の壁に納まっていき、全開にした時には扉2枚分が開けた状態にできます。和室⇔リビング・ダイニングを仕切る、または洋室⇔洋室を一体的に使用する場合に仕様するケースがあります。


 

 

 

間仕切戸
ドア,種類,開け方

2枚〜4枚までバリエーションはありますが、部屋を間仕切る為のドアです。レール上をスライドしていきますが、下レールの商品・上吊レールの商品等様々です。

 

部屋間を仕切る商品の為下にレールがない方が部屋のつながりはきれいに納まりますので、上吊ができるのであれば、そちらの商品の方が良いでしょう。


 


TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集