勾配天井のメリット

空間が変化する

建蔽率の画像

勾配天井という言葉も効きなれない事でしょう。これは吹抜けのように天井がたかくなてっいて、斜めになっている天井のことを指しています。

 

この空間のメリットデメリットはほぼ吹抜けの考え方と一緒なので吹抜けのページを見て頂けると良いかと思います。

 

しかし天井が斜めになっているという事はただの吹抜けとは違います。

 

一番異なってくる所は空間に縦と横のラインだけでなく【斜め】という新しいラインの要素が加わると言う事です。

 

これは空間デザインの考え方からしても、とても大きな変化です。その空間の面白さは一度見れば取り入れたくなってくるでしょう。

 

空間の面白さもあるのですが、勾配天井を意図的に設計すると外観や屋根の設計の仕方がかなり特殊になってくるので、外観デザインについては多少限定的になってくる場合があります。

 

また最近では太陽光パネルの設置との兼ね合いもあり、外観のデザインが難しくなってきています。

 

また、内部の方では照明の計画にも影響があります。天井が斜めになっているので、斜め専用の照明器具を設置する必要があるのです。

 



TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集