廊下の少ない間取りの考え方

廊下が少ない間取りの設計手法

廊下,少ない,間取り

近年は建材費用も高くなり、人件費のUP、輸送費のUP、太陽光発電の普及、消費税のUP等々で家の価格が10年前と比較するとかなり高騰しています。その為出来るだけ無駄な廊下のない家にしてその分、LDKや和室を広くしたい、収納を多く作るりたいといった要望が多く聞かれるようになりました。

 

そのような要望にお答えし、ここでは出来るだけ廊下が少なくなるような計画方法をお伝えします。(※冒頭でこのような説明をすると、廊下は無駄と勘違いしてしまうかもしれませんがそれは違います。廊下も色々な機能を持った間取りの一部ですのであしからず。)

 

 

 

玄関とリビング、ダイニングの関係

実は廊下の少ない家はほぼ決まって玄関ホールとリビングダイニングが隣り合わせの計画になっています。考えてみると意外にすぐ分かるのですが、サザエさんの家のような昔ながらの廊下が長い家は居間が玄関から遠い位置にあるのです。その為リビングにたどりつくために廊下が必要なので、必然的に長い廊下のある設計になってしまいます。
リビングやダイニングを通って和室にいく、洗面に行く、二階に行く事などは何も違和感はありませんが、逆だとおかしいですよね?
和室を通らないとリビングに行けない、洗面を通らないとリビングに行けない…のような家は現在はほぼ存在しません。

 

玄関とリビングダイニングを隣り合わせにする。コレが1つのポイントになっています。

 

玄関と階段の位置

一階だけのことを考えると、玄関ホールから直接二階に上がるパターンの間取りと、リビングから二階に上がるパターンの間取りを比較した場合は前者の方が廊下が、少し長くなる傾向があります。
これは階段の前に上がる為の廊下が必要になる為です。それは、リビング階段の場合も同じなのでは?っと思ったあなた!…間違えではありません。確かにおなじなのです。
ただ違う点がは、あがる為の前の廊下部分はリビングと兼用出来ている!ということなのです。【兼用する】この考え方は間取りをコンパクトかつ広く考えるためにはとても重要な考え方です。この部分がおおむね一畳程度ですが廊下、ホールから二階に上がるパターンの間取りには余分に必要になってきます。

 

冒頭に傾向があると書いたのは、階段と玄関ホールの計画次第ではホールと上がる為の前の廊下が兼用出来る場合もあるのでその場合は、リビング階段の間取りと同様に無駄な廊下部分は必要なくなります。

 

和室とリビングダイニングの関係

こちらも単純な考えかたです。和室をリビングと離して独立した部屋とした場合は間に廊下が必要ですし、逆に隣接させた場合には間の廊下は必要ありません。和室を例にとりましたが、リビングと同フロアに寝室を計画する場合も同じです!

 

 

階段の位置関係と二階

二階の廊下の長さはほぼ階段の位置で決まります。端っこに階段があれば廊下は長くなり、中央付近あれば廊下が少なくてすむ傾向があります。必ずしも全ての間取りに当てはまるわけではありませんが、下記の図を参照してみるとなぜそのようになるか分かると思います。

 

廊下,少ない,間取り

 

まとめ【廊下の少ない間取りのポイント】
  • 玄関とldkは隣り合わせにし、無駄な廊下部分を作らない、(必要以上に広い玄関ホールにしない)
  • 階段は玄関ホール→階段よりもLDK→階段の方が余分な廊下が少なく済みやすい
  • 和室はLDKの続き間とし、独立した部屋としない(LDKと同フロアに寝室を計画する場合も同じ)
  • 階段は家の中心付近に計画する

 

以上のポイントに気をつけると廊下の少ない計画ができます。

 

注意 ここではなるべく廊下の少なくなる計画方法を紹介していますが、実は廊下も重要な間取りの要素です。廊下がある事で動線が良くなったり、部屋と部屋の間の音の軽減であったり、プライバシーの向上であったりとその役割は間取りによって様々です。重ねて言いますが、廊下=不要では無いのであしからず!



TOP ご相談・ご依頼 プランの基本 プランの応用 失敗談 成功談 間取図集