洗面の収納

洗面所と脱衣所の収納

洗面・脱衣所に収納する必要があるものを考えてみましょう。洗面所としての機能と脱衣所としての機能を分けて考えていきましょう。

 

本来洗面と脱衣と言う行為はそれぞれ別物なのですが、日本では一緒のスペースとして洗面・脱衣所として計画されることがしばしばです。居住スペースの節約にはなりますが、もともと別行為のものなので、誰かがお風呂に入っていると、洗面が使えないなどの時間帯が出てきてしまいます。

 

つまり収納もそれぞれ別物として考えてみると何が必要なものなのかわかりやすくなるのでここで洗面・脱衣と別物として収納も考えています。

 

 

洗面として周辺を見てみると以外に収納しないといけないものは少ない事に気づく事でしょう。女性であれば化粧品類・くし、ドライヤー・歯ブラシ・等が思いつきますが一番大きく場所をとりそうな物でもドライヤー程度でしょう。

 

洗面周りは細かな物は多いのですが、単体で大きく場所を必要とするものがあまりない為、小さな引き出しや扉など収納自体も小さく細分されていると収納しやすくなります。

 

少し大きな物になるとドライヤー、アイロン、ヘルスメーター等のでしょう。家族分それぞれ集まってくるのでひつような物が分かりやすく収納され、取り出しやすくしておくことが洗面の収納のポイントになってきます。

 

脱衣として考えてみるとどうでしょうか?

 

こちらはある程度場所を必要としそうな物が多くあります。脱衣なので脱いだ服を一時的に入れておく場所、洗濯機、洗濯用洗剤、タオル類、下着類等。

 

洗濯用の洗剤についても柔軟剤や漂白剤等数種類の洗剤が考えれらますのでこれらのストックを考えるとかなりのスペースを必要とします。

 

またタオル類についても1枚や2枚程度ではない為収納場所もきちんと確保しておきたいものです。家族が多くなればなるほど枚数も多くなっていくでしょう。

 

また、お風呂に入った後はパジャマやジャージ、スエット等に着替えるでしょうから、下着類は脱衣所に置いておきたいものですよね。

 

さらに脱衣所に一時的に室内干しとしての空間をつくるなら10連ハンガーなどの洗濯物道具を収納しておきたくなるでしょう。

 

更衣と言う生活が行われる空間になる為、脱衣所と言う場所はその周辺の多くの物を必要として収納しておく必要があるのです。

 

 

一般的に洗面脱衣所として計画される事が多いのですが、本来は洗面と脱衣は別々の生活の行動なので収納も別々のものとして考える事がポイントです!

 

間取りのポイント間取りのポイント!!

洗面周辺は小物を沢山収納できるように計画する。脱衣所はタオル類、洗剤ストックなど大きめの収納スペースを確保する。

 

 

 

 

スポンサーサイト


TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集