玄関収納と土間収納

玄関収納3つの方法

玄関周りの収納方法は大きく分けると3つのパターンに分ける事が出来ます。一般的には下足箱を置くと言うのが代表的ですが、それだけではありません。戸建住宅ならではと言った所もあるのでどの様な収納方法があるかを知って、家族のライフスタイルにとって最適な収納方法を選択しましょう。

 

  1. 下足箱を置く
  2. 下足箱は置かずシューズルームを設ける
  3. 下足箱を置き、土間収納も設ける

 

以上の3パターンに分ける事が出来ます。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

@下足箱タイプ

玄関周りの収納

最も一般的な玄関周りの収納方法です。玄関からフロアに上がる段差のある所(※専門用語で玄関框と言います)に隣接して収納ボックスがある為、履きたい靴がすぐに取り出せる、またはすぐにしまう事が出来ます。

 

つまり玄関の靴は比較的かたずけやすいのできれいに保つ事ができそうです。(もちろん住まう人の性格に寄る所が一番大きいと思いますが・・(笑))

 

カウンタータイプの下足箱であれば、玄関先に写真や観葉植物を飾る等収納以外の用途としても使う事ができます。

 

Aシューズルームタイプ

小部屋タイプ

玄関周りの収納

こちらのタイプは玄関に下足箱は設けず靴の小部屋を脇に設けるタイプです。@のタイプに比べると収納として使う面積がとても大きくなる為、全体の計画も比較的余裕がある場合は採用できるでしょう。

 

玄関にシューズボックスを設けない為玄関がすっきりして広々として見えます。またシューズルームなので出入り口に扉を設置するケースがほとんどです。

 

2帖程度でも設けておけばかなりの収納力が望めます。もちろん靴だけでなく、カッパや傘、子供の外用の玩具、ベビーカー、ゴルフバック、スコップや庭の手入れの道具など雑多なものも入れる事が出来る非常にフレキシブルな収納空間です。

 

ただし、普段使う靴は玄関に出っぱなしになりがちですし、いざ必要な靴はわざわざ小部屋に入って取りだす必要がある為少し手間がかかる場合があります。

 

ウォークスルータイプ

玄関周りの収納

このタイプは小部屋は小部屋なのですが入口とは別に出口も設けるタイプです。A-1の場合は扉を開け入口から入れば、また同じ所から出るしかありません。出入り口が一か所なので当たり前ですが・・・

 

しかしウォークスルーできるようにしておけばいちいち出たり入ったりする必要もなく収納量と玄関に靴が出っぱなしになると言った事もなくなります。

 

このタイプは良くファミリー玄関とも呼ばれています。家族はシューズルームを通って家の中へ、来客は玄関からと分ける事が出来ます。

 

非常に使い勝手がよい収納ですが、通路として使う部分も増える為、同じ2帖程度であれば収納量はA-1の場合に比べると劣ります。

 

 

B下足箱+土間収納タイプ

玄関周りの収納

このタイプは靴は靴箱へそれ以外の収納は土間の収納へ分けたタイプです。やはり収納へ使う面積は単純に下足箱+小部屋となるので多少増えてきます。

 

使う物の用途で収納も分ける事ができるので収納スタイルとしては使いやすいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト


TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集