幅が狭い縦長の土地を有効利用した間取り

細長い土地の有効利用とプランニング

4LDK
1階: 58.87 u2階:47.66 u 延べ床面積:106.53u(32.22坪)
外観テイスト:プロバンス

▼▼配置計画▼▼

縦長,土地,間取り

 

▼▼平面・立面▼▼

縦長,土地,間取り

縦長,土地,間取り

縦長,土地,間取り

 

配置計画のポイント

 

土地の横幅が狭く縦に長い土地での間取りです。長方形の土地形状を生かして最大限無駄なく利用する設計にしています。

 

南側の日当たりは問題ないので多少建物が縦長になっても十分明るい間取りがつくれます。無理に北側に寄せる必要が無い為、北側もバックヤードとして活用する為1.8m程度あけて建物の配置をしています。

 

こうすることでゴミの仮置き場、自転車、バイク置き場などの活用が考えられます。南側を駐車場と庭と言う形にとっています。基本にのっとた配置計画ですが、北側をバックヤードとして利用するように、あえて少し広めにあけているところがポイントです。

 

平面計画のポイント

 

玄関・LDKを南側に計画しています。日当たりが良い条件の土地ですのでLDKを南側に配置し一日を通して明るくなるように考えています。

 

また縦長の土地条件をここでも活かした設計をしています。それは玄関ホールとポーチ部分を張り出してLDKを道路から隠すような計画にしている点です。

 

目線を全て隠せるわけではありませんが、ある程度隠せるだけでも随分プライバシー性が向上し居心地がよい空間をつくることができます。

 

これに合わせてLDKの前に植栽、シンボルツリーなどを設置すると見た目にも良くなり、さらにプライバシー性が良くなってきます。

 

幅が狭い土地なので水回りや、和室は北側になってくるのですが、北側にあるLDKと隣接する和室には大きな窓を北側に設けて、南北の風通しがよくなるように考えています。

 

北側をあけるように建物を配置していますので、風通しが悪くなることもありません。

 

玄関の収納はシューズルームタイプです。靴をしまう棚とハンガーパイプを併設しています。引掛けるところがあるので、レインコートなどの収納ができます。

 

2階の各部屋は家角に位置しており窓が2方向に設置することができ風通りの面でよい条件になっています。

 

外観デザインのポイント

 

テイストはプロバンス系の明るい外観になっています。上げ下げ窓を採用して四角い窓がいくつもあるようなデザインに仕上げています。

 

また玄関部分が張り出しているので、外壁を貼り分けてアクセントにしています。全体は淡い色でまとめていので、この部分は濃いめの外壁が良くマッチします。

 

スポンサーサイト


TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集