便利な家事室と教室がある間取り

教室を併設する間取り

6LDK+畳コーナー
1階: 79.00u2階: 54.68u 延べ床面積:133.68u(40.43坪)
外観テイスト:プロバンス

便利な家事室と教室がある間取り

便利な家事室と教室がある間取り

 

便利な家事室と教室がある間取り

 

配置計画のポイント

北側道路なのですが土地が広い為、図面上では道路が表現できていません。教室をすることも想定している為個人所有の車は2台その他のあいている部分を駐車場として使用することを想定しています。

 

計画建物の南側が十分な明るさが保てる空距離と庭が確保できるようにして、できるだけ北側の土地をあけ駐車場としていのスペースを確保しています。建物を西・東のどちらかに寄せることなくほぼ東西は均等に隣地との距離を取っています。

 

バックヤードとしての役割の土地は想定しておらず、どちらの隣地からもある程度のプライバシーが保てるように配慮した配置計画になっています。

 

平面計画のポイント

右上の部屋で教室を開くを想定した間取り為、玄関は一つなのですが内部で自宅側と教室側とで分かれるようになっています。教室は完全に独立型ではなく、LDKからも連絡できるようになっています。

 

トイレも教室専用は計画しておらず、自宅と兼用となっています。あくまで簡易的な教室と言えます。LDKは一直線のワンルーム型で畳コーナーを併設しています。全面的に南側の部屋でなおかつ南の距離も十分にとってあるので、一年を通して明るい空間になっています。またキッチンの裏手には大きな家事室を設けています。

 

家事の空間だけではなく教室の運営に必要な事務所処理を行う空間でもあります。その為大きな本棚を設計しており、書類関係などが十部に収納できるよう配慮しています。家事室の空間としても活きてくるように、キッチンと洗面脱衣所から近い位置に計画をしています。

 

普段は家事空間として活躍をして、必要に応じて事務処理空間に変わる部屋になっています。2つの機能を一部屋にまとめる事で空間の節約、コストの節約につながっていきます。また日中も使う部屋ですので、LDKと同様に土地の広さを活かして南側に配置をしています。

 

ニ階の3部屋も全て南側に配置をしており、明るい部屋になっています。また外観のデザインにつながっていくのですが、明るい瓦を北側に見せる為、屋根を北側に向かって大きく流しており、大屋根を設計しています。

 

プロバンスなどの明るい家の外観は屋根のS型瓦がデザイン上のポイントになっており、印象に大きな影響を与えます。この大屋根をつくっている為小屋裏空間が産まれていますので、この空間を使って、天井高が1.4mの屋根裏収納を計画しています。

 

屋根デザインの延長線上に生まれた空間を使った収納になっています。階段がニ階の中央付近に上がりきるように設計しているので、廊下が少なく無駄なく部屋の広さに充てる事ができていることも、この間取りの特徴です。

 

外観デザインのポイント

明るいテイストの家なので、明るい屋根瓦がデザインのポイントになってきます。屋根を大きく流して迫力のある形状にしており、屋根も良く見えて瓦の良さが良く分かる設計です。

 

また北がメインで見えてくるのですが、北側は大きな部屋が教室しかなく、収納やトイレなど水回りがきますのでどうしても小窓が多くなっています。その為大きな窓で外観をデザインする事はむずかしいので、小さな窓を少し多く使用して、バランス良く配置する事でかわいらしい明るい雰囲気を演出するようにしています。

 

スポンサーサイト


TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集