コンパクト5LDKの間取り

コンパクトにまとめた5LDK

5LDK
1階:54.82u2階:53.00u 延べ床面積:107.82u(32.61坪)
外観テイスト:和モダン

 

▼▼配置・平面・立面▼▼

コンパクト,5LDK

コンパクト,5LDK

コンパクト,5LDK

配置計画のポイント

土地に対する駐車場はありませんが、建て物の間口(図面で言うと横幅)は7.5m・縦幅は9mの建て物ですので比較的狭い土地にも対応できる間取りになっています。玄関が北側道路に対して東向きについています。

 

その為道路から直接玄関が見えないようになっているのでプライバシーが保たれやすく、子供が玄関を飛び出してすぐに道路に出てしまうのを防ぐ玄関周りになっています。

 

平面計画のポイント

 

全体的にコンパクトに納めた5LDKです。5LDKで32坪は部屋数からみるとかなりまとまりのある間取りになるのですが、2階の各部屋も4.5畳〜7畳程度確保できており無駄な廊下がほとんどありません。

 

 

コンパクト,5LDK

 

 

1階のLDKは南北に長いワンルームタイプになっておりキッチンから庭が見通せる間配置になっています。またリビングに隣接するように和室が設けられており、普段使いはリビングと一体的につかい広々と使えるように計画をしています。

 

また廊下からも入れるようになっている為来客時の対応もしやすいのがポイントです。西側に水周りをまとめており、洗面脱衣所に勝手口を設けています。この勝手口は外から汚れた状態でも直接洗面にあがれて、着替え等が行える為運動部に入っている子供や、畑仕事などの泥汚れが多い生活パターンの家族におススメです。

 

階段はリビング階段になっており、家族の気配が分かりやすいように計画されています。2階は中廊下を挟んで南北に2部屋づつ計画しており無駄がないように設計をしています。

 

コンパクト,5LDK

 

外観デザインのポイント

 

正面(北側)からみても玄関が直接見えないので道路面からみた時の外観は比較的スッキリとしたデザインになります。建て物自体は総ニ階に近い形状ですので、あまりスッキリさせすぎると単調なデザインになるので凹凸と外壁の貼りわけでアクセントを設けています。

 

また正面の窓デザインは小窓+スリット窓でモダンなデザインを強調するようにしています。

 


TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集