間数を考える

部屋数の数え方と考え方

LDK

まずは間数って何?部屋の数ってどうやってカウントするの?とグレーな部分に疑問に思ってる方へ向けて、にストレートにお教えします。

 

■間数は一言で言うと「部屋の数」です。そのままですね(笑)

 

続いてカウントの仕方と表現について確認しておきます。

 

■間取り例

LDK

 

上記の間取りの場合は「4LDK+家事室+小屋裏」と表現されます。
4が部屋数です。今回の場合は@=和室、AB=子供部屋、C=寝室 となり4部屋とカウントします。

 

また家事室や小屋裏部屋なども部屋と言えば、部屋ですが、一般的に数字にはカウントしませんので「付属の空間(その他の部屋)」として固有名で表現されることが殆どです。

 

明確なルールがあるわけではありませが、とかく「個室、寝ることが出来る部屋」を1部屋として表現する事が一般的です。

 

さてここまで分かれば、家の計画を進めるにしても少しスムーズに会話がすすむでしょう。

 

新築で間数を決めるときの基本的な考え方

よく部屋数を表現するときに使われる4LDK、3LDKと言った基本要素を確認します。(俗に言う間数です)さらに全体のボリュームを合わせて考える事が出来ればベストですが、そこまでは難しいので、まずは必要な部屋数を確認します。

 

LDKがない家はまずないので、LDK以外に何部屋必要になるかを考える事になります。家を考える時、大体必要な部屋数は決まっているでしょうが、よくご夫婦間で意見が分かれる所はやはりお子様の部屋でしょう。

 

性別が別であればもちろん一部屋を共有して・・と言うのは難しいでしょう、しかし同性であれば大きな一部屋を共有して・・と考える人もいます。どの様な形が良いかはご家族様それぞれで価値観が違うので正解がない事が正解です。

 

子供の為の部屋数は夫婦間の価値観に依る所が大きいのです。

 

部屋数が決まれば、平屋建てなのか、2階建てなのか、3階建てなのかによって変わってきますが、まずはそれぞれの階にどの部屋を持ってくるかを検討します。

 

土地の大きさや、土地周辺の環境によってかなり影響を受けてくるのですが、い例えばもっとも一般的な考え方は地上階(※つまり1階)にLDKなどの普段過ごす時間が長い部屋を配置します。

 

またLDKだけでなく来客用や将来親を迎え入れる為やお子様の遊び場としての用途として、畳の部屋を1階に持ってくるケースも多いです。

 

しかしこれだけでは、どの階にどの部屋を持ってくるべきかと言う内容を決めるには十分ではありません。もちろん地上階に近い部屋にLDKがあれば階段を使う頻度が少なくなり、かつ将来的にも安心できるでしょう。

 

隣接地の建物が境界線一杯まで迫って建っている、南側にも日影がかなり落ちると言った場合は2階や3階にLDKなどを持ってくる方が良いケースもあります。

 

 

間取りのポイント間数と間取り図書き方のポイント!!

どの部屋がどの階にあればもっともメリットがあるかを考えて間数を考えていく

 



TOP ご相談・ご依頼 プランの基本 プランの応用 失敗談 成功談 間取図集