建物の配置と駐車場のサイズ

普段使う車の駐車位置を検討する

建物範囲,駐車場サイズ

まず何台その土地に止めれる事を希望しますか?その中でいつも使う車は何台でしょうか?つまり何台所有しているか・・と言う事です。

 

とても当たり前のことですが、いつも使う車は駐車しやすく出発しやすい計画がよいです。この当たり前のことも最初に家の配置と合わせて考えておかないと家だけは希望の間取りができそうだけど、十分な駐車スペースが取れいない・・・と言った事にもなります。

 

ですので、家の間取りを考える前に必用な駐車スペースは土地に対してどこにどのように取るかを検討します。その後余った土地のスペースで十分な希望の間取りができるか考えていきます。

 

土地の条件の中には道路の突き当たりの土地で、自分の土地の中で車の回転を考えないといけない場合もありますので、土地の次第で駐車計画の難易度は変わってきます。

 

必用な駐車スペースは並列駐車(道路に対して直角)の時、1台につき最低2.5m×5mです。できれば3m×5.5mは欲しいですね。縦列駐車(道路に対して平行)のとき、1台につき最低でも2.5m×7m必用です。

 

これらの詳しい寸法はここでは紹介しませんが、上記の内容程度知っておけば、基本の計画をするのには十分な知識だと思います。
※より詳しい駐車場のサイズ情報はこちら⇒駐車計画

 

 

間取りのポイント間取りと駐車場のポイント!!

@南側が広く取れる様な計画にする
A土地と道路との高低差がなくべくない所に計画にする
B玄関の位置からなるべく近くなるようにする

 


建物を建てる範囲を決定する

 

土地利用1
上記の様な北側が道路の土地を考えてみましょう。具体的なプランニングをすすめていく時いきなり建物を考え出したりはしません。

 

好きな間取りが考えついても、土地に上手くハマらなかったり、駐車スペースが上手に取れないようでは意味がありまりません。

 

まずは駐車スペースをどの様に取るかを検討します。周辺の道路状況や土地と道路の高低差を考慮して駐車する場所を決定します。

 

この時車を止めるスペースは以下の様な大きさを参考にして範囲を決めましょう。

 

以下の例では車2台分を例に取っていますが3台、4台の時も同じです。まずはスペースの確保を考えていきます。

 

これで位置と範囲が決まったので、干渉しないように間取りを考えていきます。

 

建物範囲,駐車場サイズ

 


TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集