納戸の広さとレイアウト

多目的収納スペース

納戸

納戸の意味合いとしては『衣類などを収納する空間』なのですが、新築の計画の場合はもちろん衣類に限定された収納部屋ではなく、『何でも収納する』というものになります。

 

どうしてもこの部屋が欲しい!と要望されるケースはあまりなく、どちらかと言うと家全体の広さの計画の中でとれるのであれば納戸が欲しいとう場合がほとんどです。

 

この収納の為に寝室がせまくなったり、子供部屋が計画しずらくなってしまっては良くありませんし、コストアップしてまで一部屋取る必要もないとうのです。

 

また子育て世代の場合い、子供が家にいる間は良いですが、成人し家を出ていく年になってくると部屋の使い方も変わり、子供部屋が余ってしまう為この部屋が納戸のように荷物を置く部屋になってしまいがちです。

 

こうなってしまうと、収納をする空間として、納戸や子供部屋と2つも3つも荷物を置く部屋が出来てしまいます。

 

無駄な部屋ではありませんが、将来的な変化を考えて納戸の計画をすることも重要です。計画する場合は一般的に2畳〜の広さを考えるケースが多いです。

 

また少し応用的な内容ですが、ただ収納部屋を作るだけでは収納量に使いやすさはまだ今一歩です。収納空間を生かす為には棚・パイプなどの付属品をつける必要があります。

 

この付属品をつける事で同じ広さの収納部屋でも収納量・使い勝手が全く異なってきます。パワーアップさせて使いやすくするためにも付属品の設置を検討しましょう。

 

もちろん造りつけで棚を準備しないといけないというわけではありません。ホームセンターなどでメタルラックやカラーボックスなどを上手に使って、空間を有効活用していきましょう。
間取りのポイント間取り図書き方のポイント!!

納戸は余った空間の有効利用で!棚などのパーツで収納量を増やす!

 

 

 

 

 


スポンサーサイト


TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集