メーターモジュールのメリットとデメリットを知る

それぞれのモジュールの違いを知る

設計の手法として1スパンを1000mmとするメーターモジュールと 1スパンを910mmとする尺モジュールがある事は説明していますが、それぞれのメリットデメリットを考えてみましょう。

 

どちらかが優れていると言うわけではありません。どちらにしてもそれぞれの良しあしがあると言うのが結論です。

 

メーターモジュールが最も力を発揮するのは、廊下、トイレ、お風呂、階段です。それぞれのが尺モジュールに比べるとゆとりのある設計が可能になります。

 

廊下や階段、トイレで幅が9cm違う事は、体感すれば分かりますがとてもゆとりに違いが出てきます。

 

一方リビングやダイニングではさほど違いがないのです。どういう事かというとメーターではLDKの横幅を3.5スパン3500mmで設計する所を、尺では4.0スパン3640mmで設計すればさして違いが出てきません。

 

基本的に幅1スパンで設計する部分で大きな違い出てくると言う事です。

 

一般的にはメーターモジュールは1.2倍広い設計が可能という表現をしているケースがありますが、それは間違いです。

 

どの様な家も全体を切りよく8×8スパンなどのきれいな形で設計できる事はないので、土地の形状や希望される家の大きさによって、7.5スパン×8.25スパンのように細かく調整するケースもあります。

 

というよりほぼ全ての物件がこのような形になるのです。

 

例えば同じ間取りの3LDKで100uの建物を考えてみれば、どちらの設計手法を使ったとしても細かくスパンを区切って設計すれば100uに近い設計は可能なのです。

 

メーターモジュールだから1.2倍大きな家になると言う考え方は間違っているのです。正確には尺モジュールで設計した全く同じスパンの間取りをメーターモジュールに直すと1.2倍おおきな家になるとうことです。

 

大体どのメーカーも【同じスパンで設計をした場合】という前提条件を省いているので尺と比較した時分かりにくい説明になっているのです。

 

ただ同じ広さの家の設計をメーターと尺でした場合、メーターでは廊下やトイレなどが広い分、リビングやダイニング等が少しせまくなりますし尺ではその逆の事になるのです。
間取りのポイント間取り図書き方のポイント!!

メータモジュールのメリットは廊下・トイレ・階段・お風呂にあらわれる

 

 


TOP サポート 間取り図の書き方 プランニングの応用 設計専門知識 失敗談 間取図集