工務店の間取りで悩んでいる人は一読して欲しい!

工務店でなかなか良い間取りが出てこないのは何故?

工務店,間取り,悩み

 

「工務店で話を進めているが、なかなか希望の間取りが出てこない!」と言うお悩みの相談が最近とても多いのでここで、ご回答しておきます。

 

なぜでしょうか?工務店の規模にもよるでしょうが、「設計に関して専門性のある建築士が間取りを考えているか?」、「経験値はどうか」が結果に表れているのです。

 

それは医者に置き換えてみるとよく分かると思います。同じ医師免許をもっていても、総合診療している先生は、眼科の先生ほど眼について詳しく無いですよね?

 

同じ眼科の先生でも月間10人しか診療しない先生と、100人診療する先生を比較すると100人診療する先生の方が、知識や経験値が高くなりますね。

 

同じ事が建築士にもあてはまるのです。

 

 

1.工務店の規模による建築士(設計担当)の違いの傾向

1-1.数人(1人〜5人)で運営している工務店の設計士

1〜2人で運営されている工務店さんもいらっしゃいます。この場合は、1人で営業、設計、インテリアコディネーター、現場管理までこなしている事になります。

 

ある意味とてもすごいスキルを持っているのですが、一人でできる範囲には限界があるので、結果まんべんなくこなす事になってしまいます。つまり一つの「専門性」に労力をかける事が出来ないのです。

 

その結果、建築士である事には間違いないでしょうが、設計に関しては経験値がさほど多くない事になります。その他のコーディネートの事も然りですが。もしかしたらその建築士さんは現場監督を得意としている方かもしれませんよね。

 

1-2.1十人で運営している工務店の設計士

これくらいの規模になってくると、基本的に営業、設計、コーディネーター、現場監督とそれぞれ役割をもった担当者がいます。つまりハウスメーカーと同じスタイルです。それぞれ「専門性」をもっているので、おそらくその間取りを書いている方は「設計担当」の建築士さんと言う事になります。

 

間取りに関して言えばかなり知識を持っているはずですが、なおうまくいかないケースがあります。それは工務店で年間に扱う物件数があまり多くないから・・・経験値不足につながっている可能性があります。

 

また設計担当者も3人〜同じ事務所内にいれば、それぞれの目線から間取りの考え方や設計方法など身近で話し合いができ、新しい知識も増えていくスピードが速いですが、さすがに1人だといくら「専門性」があると言っても経験値、知識量に差が出てきても致し方ありませんよね。

 

その経験値が不足している場合、なかなか良い間取りが提案できていないのかもしれません。ハウスメーカーでも新人の設計士とベテラン設計では提案の幅に違いがでてきますよね。それと同じ事なのです。

 

1-3.二十人〜運営している工務店の設計士

この規模になってくると、営業、設計、コーディネーター、現場監督もそれぞれ3〜4人程度在籍していることになります。その他、社長や経理、事務、広報の方など・・

 

もちろんそれぞれの担当者が「専門性」を持っていますし、切磋琢磨できる仲間も数人いる事になるので経験値、知識量の伸びは早くなるはずです。しかし、この規模でもなかなか希望の間取りが出てこない場合はもちろんあります。

 

これは大手ハウスメーカーの設計者でも起こりうることですが、その場合単純に設計担当者の力量不足・・と言う事になりますね。

 

2.工務店で間取りがうまくいかない原因とまとめ

それぞれの工務店規模で間取りを書く設計担当者の置かれている状況が違う事はお分かり頂けたと思います。「建築士」も「専門性」と「経験値」が間取りになって現れるのです。

 

  • 工務店規模数人の設計担当
    色々な業務をオールマイティーにこなすが設計に関して「専門性」に欠ける事が多い
  • 工務店規模10人前後の設計担当
    専門性は持ち合わせているが年間の物件量から経験値不足となっているケースもある
  • 工務店規模20人〜 設計担当者
    専門性もあり、知識量の増えるスピードもある環境にいる。うまくいかない場合は単純に力量不足かも

 

それぞれ工務店規模別に間取りがうまくいかないケースを解説してみましたが、結局のところ工務店さんは小さな工務店さんであればあるほど、経験値不足や専門性に欠けやすい傾向があると言う事です。

 

当サイト管理人は注文住宅を300棟以上設計して引き渡してきた、住宅の設計の「専門家」です。自分で紹介するのもアレですが・・・

 

住宅の間取りに関する「専門性」と「経験値」、「打ち合わせの質」、「書いてきた図面の量」にはどこにも負けない自信があります。仕事量が多く、質も大切にしていきたいので、スピード対応は難しいですが、間取りを良いものにする為にサポートは誠実に行っていきますので、ご興味がある方はこちらまで。↓↓

 

 

※最後に・・・ここでは一般的な傾向をお話ししましたが、優れた設計者さんが独立して立ち上げた工務店さんも沢山存在します。あくまで間取りがうまくいっていない場合の傾向だと考えてくださいね

 



TOP ご相談・ご依頼 プランの基本 プランの応用 失敗談 成功談 間取図集