新築における施主支給のコストダウンの手順

新築のコストダウンを施主支給で確実に実行する

間取り,施主支給,コストダウン

家づくりにおいて多少作業が必要ですが、知っているだけで確実に10〜30万は費用抑えることができてしまう方法があるとしたら・・・

 

使いたいと思いませんか?というか使ってほしいのです。知ってほしいのです。施主支給という王道を

 

そうです、まさにこの記事には間取りテクニックもさることながら30万円分の価値があると言っても過言ではないと自負しています。

 

それ位、一般の方が確実に実行できるよう、具体的な方法や手順、知識、注意点を詰め込んでみました。

 

念を押しますが、多少の作業は必要です。楽が大切だ!という人は読まない方が良いでしょう。

 

しかし、多少と言ってもここで紹介している作業量は全部実行しても1〜2日で終わる程度。それで30万は落とせるのです。こんな割の良い仕事はないでしょう。日給15万です。

 

それではどうぞ!

 

 

工務店やメーカーは利益が落ちることはしたがらない・・ここにがコストダウンのポイント

 

ハウスメーカーや工務店からの間取りの添削や相談を受けていると、「予算がオーバーしそうだから予算を抑えたいんです。間取りを小さくできませんか?」

 

という相談を受けることがよくあります。

 

コストダウンはまず家を小さくすることから・・という方が多いこと、多いこと・・

 

良くあるコストダウンの内容を見ると、80万落とす方法と軽めのタッチで描いてありますが、内容は総二階にする、何かのグレードを落とすとか、オープン外構にするなど、基本的にはどれも何かを我慢するスタンスで紹介されています。

 

もちろんそれも正解です。単純にコストを落とすという意味では効果があるでしょう。

 

しかし、何かを削れば落とせることはみんな分かっているのですが、それができないから悩んでいます。

 

 

ここでは、全部やっても30万程度ですが、グレードを落とさず今のままで予算を落とす方法を詳細にお伝えします。

 

 

何かを我慢するのではなく、簡単に言えば自分で発注できる物は自分で発注する方法です。メーカーのやる作業を簡単な部分は自分でやって安くしてやろうということです。

 

 

要は施主支給ですね。その具体的な方法を、よくあるカーテンから、チョット難易度高めの照明器具、カンターや棚まで紹介しています。注意点も細かくお伝えしていますので、その点も確認する事で失敗する事もなくなるでしょう。

 

 

この通りに全ての項目を実行することでグレードを落とすことなく30万は稼げます。

 

 

ぜひ頑張って30万を稼ぎきってください。全部が大変だと思う人も紹介するチョー簡単な1項目を実行するだけでも1万、2万は一瞬で落とす事ができます。本当に簡単な項目は30分あれば注文できます。

 

 

施主支給という方法はメーカーや工務店は管理が面倒くさくなる、利益が落ちる、この2つの理由で自分の所からは絶対に教えてくれません。建てる側が気づかなければ知らないまま進むことが普通です。まさに知っている人だけが得をする部分です。

 

 


1.施主支給コストダウン7(セブン)の目次と内容

実際お届けする内容の全体はこのような感じです↓↓約1万文字に及ぶ施主支給だけに焦点を絞った専門書です。

間取り,施主支給,コストダウン

間取り,施主支給,コストダウン

間取り,施主支給,コストダウン

間取り,施主支給,コストダウン

 

一見大変そうな「施主支給」。もちろん注意点もたくさんあります。その注意点や具体的な実行手順を全て教えてくれる所がないので、躊躇してしまうのです。

 

ここでは確実に実行できるように、発注は何処にどのように発注するか。発注したものはどうするか。等とにかく具体的に指南しています。 

 

ぜひ上手に活用してコストダウンを計ってほしいと思います。

 

■コストダウン7のテクニック目次
0:【重要】必ず行う事前準備
1:カーテンを支給する場合の2つの方法具体的な手順
2:雑金物類を支給する場合はコレを買う
3:カウンター、棚を支給する具体的な手順
4:照明器具を支給する方法と注意点
5:収納棚を付ける、飾り棚を付けるなど気になる場所には下地をいれてもらう具体的な指示方法
6:庭に砂利を敷く場合は10u程度までなら自分でしてしまう
7:エアコンはメーカー経由より電気店で購入。その注意点

 

 

施主支給テクニックの一部を公開!

間取り,施主支給,コストダウン

 

 

0:【重要】メーカーに言いくるめらない為の事前準備

 

はやくコストダウンの具体的な内容を確認したい人も必ずここを読んで、実行してください。

 

この手順を飛ばした場合、もしかしたら施主支給したにも関わらずコストダウンに繋がらない可能性があります。

 

では早速ですが、「施主支給をする」事をメーカー、工務店に伝える前にすべきことが実はあるのです。

 

くどいですが、必ず施主支給をする事を伝える前にしなけらばいけません。

 

それは・・「今現在の間取り、設備、仕様で小明細の入った見積書を提出してもらう事」です。

 

これは必ずです。施主支給してどの項目がどれだけ安くなったかを確認する為でもあるのですが、住宅は非常に色々な項目が積みあがって見積もりができているのです。

 

万が一施主支給して安くなった分を後でどこか別の項目で上乗せされたら素人では見分けがつきません。

 

また、先に施主支給をする事を伝えた後、現状の見積もりを・・とお願いするともしかしたら予めどこかで上乗せされて見積もりが出てくる可能性も考えられます。

 

そんなメーカー、工務店さんはいないとは思いますが現状の見積もりを取って一旦線引きをしてしまうのです。

 

見積もりの内容を確認した後はじめて、コストダウンの為に施主支給したい項目を伝えましょう。

 

こうすることでメーカーも一旦見積もりを提示してしまっている以上、見積もりのつじつまが合うように、安くなった分はきっちり見積もりから引かざるを得なくなります。

 

メーカーや工務店を疑っているみたいな手法ですが、自分が頑張って支給した分がコストダウンの数値としてハッキリわかるので、必ず実行してください。

 

 

 

それでは実際テクニックです。本テクニックは項目によって、手間の掛かる度合い、便利度合い、採用した場合の費用度合い等を5段階の★で評価してますので参考にして下さいね

 

1:カーテンを支給する場合の2つの方法具体的な手順

  • コストダウン金額の目安(35坪の家で 〜10万円程度)
  • 面倒くささ度合い★★★☆☆

 

方法@コーディネートだけしてもらい、カーテン屋に直接発注する

 

カーテンはわざわざハウスメーカー、工務店を通さずとも設置可能な項目の一つです。

 

注文はカーテン屋さん、ホームセンターなどでもできるのですが、難しいのがコーディネートです。これは正直プロのアドバイスが欲しい所です。

 

正直チョットズルイ方法ですが、カーテンのプランニングはハウスメーカーや工務店にお願いして注文は別のカーテン屋さんに直接お願いする方法がコーディネートもでき費用も抑えることができる最も良い方法です。

 

コーディネートだけして貰うのは気になる場合も、遠慮する必要はないのです。工務店、ハウスメーカーはきちんと「設計料」という項目で費用を取っていますので、堂々とお願いをしましょう。

 

具体的な手順はこちら

  1. プランニングをして貰う
  2. その資料(カーテンボード)をもってカーテン屋さんに行く
  3. 見積もりをお願いする
  4. 見積もりが工務店より安くなっていることを確認して
  5. その通り発注する

 

という流れになります。カーテン屋から内容について質問を受けることがあるかもしれませんが、それは「工務店やハウスメーカーに聞いてください。」と言いましょう。

 

設置はそのお願いしたカーテン業者が行います。基本的には家の引き渡しを受けた後になりますので、納期は引っ越しのタイミングを考えてそれより前に設置してもらいましょう。

 

 

 

方法Aサイズだけ教えて貰い、ホームセンターで注文する

 

さらにコストダウンを測る場合はカーテンサイズだけを教えて貰って、自分でホームセンターでカーテンを選んでオーダーするという方法があります。

 

ホームセンターはカーテン本体が安価な商品も多いので、自分でカーテンをホームセンターで選ぶと言う手間は増えますが、大きくカーテン費用を抑える事ができてしまいます。

 

また通常の両開き、方開きのようなカーテンレールに生地を引っかけるタイプであればよいですが、シェードやブラインドなどを使う場所はホームセンターでサイズが合うものを探すのは困難ですし、取り付けも大変です。

 

サイズだけ教えてもらいホームセンターでカーテンを選ぶ場合は両開きや、片開のカーテンを設置する場所に限った方がよいでしょう。

 

こちらも購入時期は注意が必要です。

 

注意点

  1. 引っ越し直前にオーダーしたのでは遅いです。少なくとも引っ越しの2週間前にはオーダーを済ませ、引っ越し前には受け取っておきましょう。引っ越してもカーテンがないと落ち着きません(特に夜)。
  2. 自分でカーテンを準備しますと伝えた場合でも、カーテンレールはハウスメーカー、工務店に付けておいて貰いましょう。さすがにカーテンレールまで自分でやり出すと大変です。

 

 

 

2:雑金物類を支給する場合はコレを買う

  • コストダウン金額の目安(数千円〜3万円程度)
  • 面倒くささ度合い★☆☆☆☆

 

物し金物等も自分たちで購入してOKです。物干し金物もそうですが、下地さえあれば設置可能な物は支給した方が安く済むのです。

 

じゃあこれはどこで手に入れるのか・・実はコレもネットで購入可能です。ホームセンターでも購入できますが、品数がそれほど多くない上に探すのが大変です。

 

私もホームセンターに足を運んで探したことがありますが、なかなか良い物が見つかりませんでした。

 

良く使う具体的な商品名は以下のような物です。このような商品を使う場合は自分で購入して付けて貰いましょう。

 

商品名を検索して注文するだけですので超簡単です。単純なネット通販ですね。

 

具体的には下記のように商品名とメーカーで検索するとすぐ見つかります。

 

  • ホスクリーン(川口技研)
  • 干し姫様(パナソニック)
  • L型アングル(スガツネ)
  • トイレのペーパーホルダー(リクシル、TOTO、カワジュン、サンワカンパニー等)
  • タオル掛け(リクシル、TOTO、カワジュン、サンワカンパニー等)
  • 鏡(サンワカンパニー等)
  • トイレ・洗面の壁付型の収納(リクシル、TOTO等)

 

こちらの商品は工事中には手に入れておきましょう。商品としても大きいものはないので自宅に届けてもらってよいでしょう。

 

そして商品が届いたら、自分でつけるのではなくメーカーや工務店に商品を渡してつけてもらいましょう。

 

自分でつけてもネジで留めるだけなので簡単ではありますが、プロのほうが上手につけてくれますので。

 

 

3:カウンター、棚を支給する具体的な手順

  • コストダウン金額の目安(5万〜10万円程度)
  • 面倒くささ度合い★★☆☆☆

 

実は飾り棚やカウンターは自分たちで十分準備することが可能です。そうです、コレもネットで買えちゃうのです。末恐ろしい世の中ですね。これでも5〜10万程度軽くは落とせるでしょう。

 

具体的な手順以下の通り

@メーカー、工務店にカウンター、棚を支給する事を伝え、必要なサイズを教えて貰う(幅、奥行き、厚さ)
Aカンターの板材を購入する(実はホームセンターやネットでも簡単に手に入る)
B届いたらメーカー、工務店に預けておしまい

 

 

ネットで購入するとご丁寧に塗装まで済ませた状態で購入可能!

 

カウンター材をネットで注文する時は少し専門的な内容を入力する部分があります。それはカウンター材の・・・続きは本編で確認ください

 

 

4:照明器具を支給する方法と注意点

  • コストダウン金額の目安(35坪程度の家で 〜10万円程度)
  • 面倒くささ度合い★★☆☆☆

 

後は本編で確認ください

 

6:庭に砂利を敷く場合、自分で体を動かせば可能

  • コストダウン金額の目安(〜15万円程度)
  • 面倒くささ度合い★★★★★(MAX)

 

後は本編で確認ください

 

7:エアコンはメーカー経由より電気店で購入。その注意点

  • コストダウン金額の目安(〜10万円程度)
  • 面倒くささ度合い★★☆☆☆

 

後は本編で確認ください

 

以上のような直ぐコストダウンに直結関連する内容から、コレを付けると絶対に便利だと思う内容を厳選して紹介しています。


施主支給コストダウン7

今回の施主支給コスト7(セブン)は現在無料テスト配布期間中です。

 

来年、令和2年2月を目安に有料化する予定です。(2万程度)

 

当サイトのリンクよりタウンライフ家づくりを依頼された方に、間取り、コストダウンのヒントとして無償提供しています。

 

ご希望の方は大変お手数ですが、当サイトのリンクより無料の資料請求「タウンライフ家づくり」をお申し込みの上

 

下記メールファームにて

 

施主支給コスト7(セブン)希望  ○月○日タウンライフ申込済

 

と記載してメール下さい。確認が取れ次第メールにて資料を添付し返信致します。 

 

 

タウンライフの申込はこちらから
タウンライフ家づくりは役立つのか?プロ目線で指南

 

上記の申込が終わりましたら下記より連絡下さい。

 

コストダウン7の申込はこちらから
今すぐ使えるコストダウンのテクニックを手に入れる

 

 


TOP ご相談・ご依頼 プランの基本 プランの応用 失敗談 成功談 間取図集