タウンライフ家づくりは役立つのか?上手な使い方をプロ目線で指南

タウンライフいえづくりを活用するといいことある?ない?

タウンライフ家づくり,資料請求,間取り

タウンライフ家づくりというサービスを知っていますか?知らない人のほうが多いでしょう。損は無いけど、良い資料が送られてくるかどうかは担当者次第的な要素も含まれている無料サービスです。
しかし新築を考え始めたばかりの家づくりビギナーにとっては役に立ちそうです。後述していますが打ち合わせがかなり進んでいる人には正直必要の無いサービスですので、無理に申し込無くて良いでしょう。

 

 

 

こんな悩みを持っている方へ向けて


1-1.忙しくて工務店、ハウスメーカーへ行く暇が取れない
家を考え出したいけれど、忙しくて展示場や、工務店の現場見学会になかなか行く機会が取れない。また子供が小さいので連れ回すのが大変などなかなか身動きが取れないご家庭もあるでしょう。

 

お子様も2人3人と多ければなおさらですね。展示場に1回行って説明を受けるのも大変ですよね。展示場で1つのハウスメーカーの営業マンが案内する時間はおおむね20分〜30分。3つのハウスメーカーを見るとなると最低でも1時間〜1時間半は必要になってきます。

 


1-2.とにかく簡単に間取りや土地の提案を手に入れたい
前述してますが、展示場にいくと営業マンが担当としてついて展示場を案内してくれます。得てして大して興味の無い話もしっかりしてくれます。また必ずと言って良いほどアンケートの記入を求められます。またその後の営業マンから営業の電話がある可能性が大です。

 

これも同じように3社回れば全て3つ、3人の営業マンとやりとりする必要が出てきます。この営業マンとのやりとりが煩わしいので、営業マンに会わずしてとりあえず間取りや土地の提案資料が欲しい場合がありますよね。

 

やりとりが煩わしいからと「建築の予定はありません、ただ見ているだけです。」と答えると今度は土地や、間取りの提案に発展してくれません。

 


1-3.色々なメーカーの提案資料が欲しい
工務店、メーカーから間取りを貰ったがもっと見てみたいと言う場合もあるでしょう。提案された内容も悪くないけど、違う担当者が提案してくれたら、全く違う提案が受けれるのではないか・・・。など一生に一度の家づくり、じっくり色々な資料に目を通して見たいですよね。

 

しかし、また違うメーカーに同じように要望を伝えてお願いする事はかなり大変な作業で労力が必要になってきます。

 

 

以上のような事情でなかなか展示場や現場見学会に足を運ぶことができない方へ使えるサービスになっています。

 

2.とにかく手軽に申し込むことができる

タウンライフの最も良い点はとにかく

  1. ネットで手軽に申し込めて 
  2. 無料
この2点に絞られてきます。上記のような悩みや面倒くささをを感じている方、とりあえずで良いから間取りや土地資料が欲しい方には親切なサービスだと思います。

 

 

ネットで申し込みが出来るので3分〜5分程度必要事項を入力すればあとは提案を待つだけです。展示場に言ってアンケートを書いて・・・同じ要望を何社かに伝えて・・・と通常の提案を受ける為の労力と比較すると、あっという間なので。

 

しかし、ただ申し込むだけでは良い邸提案は期待出来ません。良い資料が手に入るかどうかは申し込みの仕方次第【←重要!】なので、上手な申し込みの仕方を後述してますので是非参考にしください。

 

 

3.サービス内容について確認してみると

3-1.どのようなサービスか?信頼はできそう?
後述していますが、ある程度メーカーと話が進んでいる方には、必要ないサービスだと思ってください。色々な事に手を出してしまうと混乱して方向性を見失ってしまうかもしれませんので!さてご紹介する基本的なサービス内容ですが以下の3点になってます。

 

  • 土地の提案
  • 間取りの提案
  • 資金計画書の提案

 

実際に依頼してもらえる資料はこのような資料

タウンライフ家づくり,資料請求,間取り

 

信頼できるのかどうか?とりあえずきちんと審査されて提携してサービスを行っているようですね

タウンライフ家づくり,資料請求,間取り

 

上記の資料よりも何よりも、信頼できそうだな感じたのは大手ハウスメーカーも提携しているサービスだと言うことですね。あの誰でも知っているであろう積水ハウスや大和ハウス等も提携しているサービスです!!

 

これら大手が提携しているという点においてやはりポイントが高いですね。依頼しても地元の工務店ばかりではちょっと物足りないですよね。

タウンライフ家づくり,資料請求,間取り

 


3-2.どのタイミングの人にとってメリットがあるか
このサービスは住宅展示場に行く前、もしくは行き始めたばかり位、これから新築を考える、または考え始めたばかり の人達が利用すると一番効果があるとサービスと思います。

 

ある程度何社かメーカーと話が進んでいる人達は同じような事の繰り返しになり無駄になる事が多いので必要ないでしょう!新しい事には手を出さず今話しを進めているメーカーとじっくり向き合いましょう!

 

4.サービス内容をプロ目線でダンディに分析するとこうなった


4-1.土地の提案について

タウンライフ家づくり,資料請求,間取り

土地探しもお手伝いしてくれます!土地資料は正直説明がなくてもとりあえず資料さえ貰うことができればよいので損はありません!また中にはハウスメーカーが独自で土地を所有している自社土地と呼ばれている物件もあります。

 

 

これは他の不動産業者や、ハウスメーカーが案内する事は出来ないので、依頼先のハウスメーカーが自社土地の物件を紹介してくれて、希望に近い土地であればもうけものですね!

 

掘り出し物が見つかる可能性もゼロではありませんコメント欄にいい土地が見つかれば話を進めて行きたいです!と記載すればメーカーも本気で提案してくれる可能性が格段に高くなります!見込み度の高いお客さんは大事にしたいですもんね!(※ただし嘘はやめましょう)

 

 

ただし自社で持っている土地の場合は、勿論そのハウスメーカーで建てなければならない事がほとんどですが!

 

 


4-2.資金計画書の提案について

タウンライフ家づくり,資料請求,間取り

資金計画については、ある程度説明がないと計画書だけではわからない内容が多いので参考程度に考えましょう。

 

 

建物本体の金額に、エアコンやカーテン、照明などが含まれてたり、別のメーカーでは含まれていなかったりしますので、一体どこまでが含まれている資金計画書なのか判断するのが難しいのです!これは正直ネットでハウスメーカーを絞る資料にしてはいけません!あくまでオマケ程度の資料として考えるべきです。

 

ただ建物全体の総額がどれ位の物なのか検討をつけるためには良い資料かと思います。このあたりは大手メーカーから送られてきたならばそちらの資料を参考にしましょう!

 

 


4-3.間取りの提案について

タウンライフ家づくり,資料請求,間取り

プランについては建築予定地が決まっており、形や広さが分かる場合では参考になります。もし土地が決まっているのであれば資料を添付してプランニングをしてもらいましょう!考え中の土地でどんな間取り、広さの間取りが可能なのか参考になるでしょう。

 

 

そのプランを見る事で何が足りないか要望がはっきりしてくるでしょう。土地が決まってない場合は資金計画書と合わせて、このメーカーであればこの大きさでこの位の金額なんだと分かる資料でしょう!

 

 

ただし依頼した全てのメーカーが詳細の資料を送って来てくれるわけではありませんのであしからず‥メーカー毎にもそうですが担当者にもその本気度に差があるでしょうから、丁寧な担当者に当たれば良いですね!それは住宅展示場に行っても同じことが言えますが笑

 

上手な依頼の仕方をお教えすると 2-1.土地の提案 でも記載していますがコメント欄に「内容が良ければ御社にてお話を聞かせて頂きたいです」と一言添えると良い提案が期待できるかも知れませんね!

 

5.タウンライフ家づくりメリットとデメリットはズバリ

タウンライフ家づくり,資料請求,間取り


5-1.メリットも土地の検討段階によって変わってきます!
さて内容が分かったらメリットとデメリットを具体的に確認してみましょう。検討段階の違いで役に立つ情報も変わってきますので,自分は今どの段階かよく確認してみてくださいね。

 

土地検討中の人たちのメリット

もしかしたら自社土地物件で掘り出しものが見つかるかもしれません!これが最大のメリットですね。プランや資金計画書は参考程度に!後は本気度の違いがわかるので、対応が丁寧なメーカーと今後おつきあいしていく為の判断材料にはなるでしょう!

 

 

土地が決定している人たちのメリット

メリット参考になるのはプランですので、要望欄に重要な項目だけ5点程度に絞って記入しておきましょう!

 

何故5点程度か?あまり要望が多すぎるとハウスメーカーの担当者もめんどくさがって逆に適当にプランニングされる可能性が高くなります。全ての要望を満たすようにプランニングするとかなり時間がかかる場合がありますので、ですのであるていど間取りの要点をまとめて依頼するの様にしましょう!

 

 

土地を最終的にいいかどうか悩んでいる人たちのメリット

プランも参考になります。その土地でどのような間取りが可能なのかを知る手掛かりが貰えます。ただし土地は時の運もあるので、プランが出来あがってから判断してもよいだけ時間があれば良いですが‥

 

いい土地は不動産屋も待ってくれませんので、ネットで間取りを依頼している場合ではないかもしれません!

 


5-2.それぞれ共通のデメリットとは
最初の入力事項に五分程度は時間がかかる事ととりあえず本人確認の連絡がありますので、その対応が必要なくらいでしょう。後はご希望に合った資料で無かった場合には書類のゴミが増えてしまう事ですかね?!

 

あとは運悪くあまり丁寧で無い担当社に当たってしまった時のがっかり感と脱力感があるリスクをしょっていることですね。

 

6.タウンライフ家づくりのまとめ


6-1.全体のまとめとアドバイス
掲示板などの評判を見るとすごい良かった!という書き込みは少ないように思いますが、お願いして失敗した!という書き込みなども見当たりません笑

 

良くも悪くも参考程度となる資料を送ってくれるサービスだと割り切って依頼しましょう!個人的にはしつこい営業の電話はないようですし、試してみるのは悪くないと思います。

 

 

連絡が来てアポイントを求められたけど、なんだか断るのも申し訳ないかも・・・と悩む心やさしき人達へ

 

【気持ちよく断って良し!】です。なぜか??それは営業マンは断られることに慣れている!!これにつきますし、日常茶飯事です。競合他社いるのが当たり前。断られてナンボの世界、向こうも何も気にしません。大丈夫です。

 

この資料請求の場合に限らず、住宅展示場に行ってプランや資金計画、土地の案内などをしてもらってやっぱり他社にしますと、お断りをする場合と一緒です。一生に一度ないし二度あるかないかの大イベントです。

 

営業マンに遠慮をする事は必要ありません。自分達の意見はしっかりと通して後悔の無い家造りにしていかなければいけません。

 


6-2.良い資料がもらえる可能性が高くなる上手な依頼
いざ依頼を考えられてるかたは4-1.4-3.でも触れているように「内容が良ければ御社に話を聞いてみたいです。」と一言添えると良い提案が受けられる可能性が格段に高くなります。

 

メーカーとは言え窓口は担当者、人間です。見込度が高いお客様はやはり大事にしていきたいと思うのは当たり前ですもんね!(ちょっとズルイ依頼の仕方かも知れませんが)よい家づくりの参考になればよいですね!

 

念を押しますが、この無料の依頼は家づくりの早い段階であればあるほど良いで、悩むようであればとりあえず5分で入力してお願いしてみては如何でしょうか?

 

 



TOP ご相談・ご依頼 プランの基本 プランの応用 失敗談 成功談 間取図集