建築地の配置図と敷地条件

敷地の条件を読み解く

敷地から最適な配置計画を割り出す方法

 

第一回目は敷地の条件をチェックする事です。これが一番に最初にできていないと、全くとんちんかんな間取りができあがります。

 

条件を分かっていないまま間取りを考え始めても良い計画はできないのです。その為、第一に間違えずに敷地のもつ特徴から、余分に費用は掛かりそうにないか、どこに配置計画をすべきなのかを割り出しておく必要があるのです。

 

 

1-1敷地の条件を読み解き予算を把握する

建築地,敷地,配置図

最初に土地に建物を建てる為に工事が必要な場合、想定外な費用がかかる場合があります。

 

それを見抜いて予算全体の予算を検討しておかないと、結局最後の最後で予算が合わず家の計画で何かを変更する必要が出てきます。

 

そうならないように敷地の持っている特性を良く理解しおきましょう。

 

 

新しい造成地に建築する場合の想定される費用

新しい造成地は基本的にすぐ新しい建物が建築できるようにライフラインは整えてありますが、その他の条件は自分で見極めなければいけません。

 

あまり難しくないですが、新しい造成地の場合は以下の2点を気を付けれておけばOKでしょう。

 

  • 道路と敷地とで高低差がある場合は擁壁、型枠ブロックなどが必要ではないか
  • 敷地に到着するまでの道路で狭い箇所(4m未満の道路)はないか(大型の工事車両が通れない場合は割高になる)

 

 

建て替え・既存の更地に建築をする場合の想定される費用

建て替えや駐車場などの更地に建築をする場合は気を付けるべきポイントが一気に増えていきますので注意が必要です。

 

基本的にチェックすべきポイント

 

  • 道路と敷地とで高低差がある場合は擁壁、型枠ブロックなどを新設する費用
  • 敷地に到着するまでの道路で狭い箇所(4m未満の道路)はないか(大型の工事車両が通れない場合は割高になる)
  • 購入予定地がきれいな土の状態で内場合(砂利や雑草が茂っている、アスファルトが舗装してある等)はそれを取る費用と、新しく土を入れる費用
  • 田んぼや畑の場合は土をすき取ったり(表土を取ったり)、また新しい土を持ってくる費用
  • 前面道路の側溝が古い場合はやり替え、または工事車両でさらに壊さない為の養生費用
  • 上下水、ガスなどを新しく引き込む費用
  • 上下水道は引き込んであるが古いため新しく取り替える費用
  • 敷地、道路に障害となりそうな電柱がある場合は移設費用
  • 敷地上空を電線が通っている場合は電線の迂回、移設費用

 

1-2敷地から最適な配置計画を割り出す方法

お金がいくらでも払えるのであれば、どこに駐車計画をしても良いですし、どこに玄関を持ってきもよいですし、どこにアプローチを計画してもかまいません。しかし実際は予算が決まっています。その中でコストを最小限に抑える提案をすることはとても重要な要素です。特徴をつかんで計画を進めることで、予算的も抑えられ合理的な間取りができあがります。
早速ですがそのセオリーと具体例を公開します。

 

【駐車計画のセオリー】

  • 駐車計画は道路と敷地の高低差が無いところにする
  • 路が2面以上接している場合は道路の幅が一番広い道路に駐車計画をする
  • 道路が2面以上接している場合は交通量が少ない道路に駐車計画をする
  • 電柱が敷地内(またはその近く)にある場合は駐車に影響がないか確認する
  • 行き止まりの土地、その他前面道路が狭い場合は敷地の中で車がバック、前進して回転できるような計画をする
  • 基本的には南側が広くなる様な駐車計画にしておく

 

【日当たりのセオリー】

  • 1階にリビング配置する場合リビングの南側は隣地と4m以上確保できる様に計画をする(これ以上離すことができない土地の場合は2階リビング、中庭などにする)

 

以上7項目が主なセオリーになります。これを守って駐車場の位置を計画する事ができれば間取りもその土地に対して良いものができあがってきます。逆にこれが守れていないと、無駄にコストがかかったり、そもそもその成り立たない間取りができあがる可能性が出てきますので注意する必要があります。

 

 


セオリーを頭に入れて下記のような敷地があるとしたら、どのような計画がベターかを考えてみて下さい。

建築地,敷地,配置図

 

特に注意する点は

  • 交通量の少ない団地内道路から駐車を計画する
  • 電柱の移設が必要ならないか?
  • 敷地上空を通っている電線の迂回を検討
  • 北側道路と高低差があるため擁壁、土留めブロックの検討

 

となりそれぞれをクリアーにして次のように計画を進めます。

 

建築地,敷地,配置図