建築士が暴露。一括間取り請求で【良い提案】を受ける方法

タウンライフ,間取り,プラン

タウンライフ,間取り,プラン

建築士が教えます。一括間取り請求で【本気の間取り提案】を受ける方法

タウンライフ,間取り,プラン

 

 

私には1点違うんじゃないか?と思うことがあります。それはこのタウンライフ間取り依頼が、

 

とりあえず依頼したら間取りを作ってくれるような、万能の間取り作成サイトであるかのように紹介されてある事です。

 

 

メーカーも暇ではありません。依頼した人全員に、平等に、全力で間取り提案してくれる訳ないのです。

 

 

実際どうなのでしょうか?

 

使用してみた感想と、どのように依頼すべきかを、実際に依頼される側にいる建築士の目線からお伝えしています。

 

※ハウスメーカー設計士だったからこそ分かる内容を本気で語ってみました。7000文字位の情報量になったので、完読まで5分はかかります。お時間がある時に、読んでください。

 

 


タウンライフは役に立つのか?

 

一括の間取り依頼で一番気になる事は

 

  • そもそも無料の間取り提案って役に立つのか?
  •  

  • 資料は送ってくれるのか??

 

という2点ですよね。結論から申し上げると、以下になります。

 

  • ちゃんとした提案を受けることができれば、色々なパターンを確認でき、間取りの選択肢が広がる、良い案に出会える可能性が高くなる

 

 

しっかりとした提案を受けるには、「担当者をその気にさせる、きちんとした依頼」をしなければいけません。

 

 

★実際に「きちんとした依頼」をした結果、届いた提案書を公開★

 

タウンライフ,間取り,プラン

 

タウンライフ,間取り,プラン

 

タウンライフ,間取り,プラン

 

タウンライフ,間取り,プラン

 

実際に「セオリーを外さない、まとまりのある提案」、「意外なL型ゾーニングで面白い」等、

 

思った以上に面白い案、採用してみると良さそうな案に出会うことできています。(中にはイマイチな間取りも、もちろんありましたが)

 

 

同じ条件でも、違う建築士、メーカーが担当すれば、新しい発見がある事がよく分かる例だと思います。

 

依頼書に必要な2つのこと

 

口コミサイトを見てみると、「送ってもらえなかった。」という情報が見られます。さて、これはメーカーが不誠実だったのでしょうか?それとも忙しくて対応してもらえなかった?

 

答えは以下の2点が依頼に記載できていなかったからです。

 

     

  • 「内容が良い会社を検討の候補に考えたいです。」と言ったような本気度を伝える事
  •  

  • 具体的にかつ、優先順位をつけ要望を丁寧に伝える事
  •  

 

これだけ?とお思いですか?ですがコレ、ネットを使って依頼する人は、ほぼできていません。依頼される側の立場になった事がないのでこの重要さが分からないのは当然です。

 

 

窓口の担当者も人間です、適当な依頼をすると、「あ、この人見込の低い人か、冷やかしだな」と思われてしまい、よい提案を受ける事は100%できません。

 

 

逆に、しっかりと「メーカーをその気にさせる、正しい依頼」をすると担当者も「この人にはしっかり提案して、当社に興味をもってもらおう!」となるので、良い提案を受ける事ができるのです。

 

 

 

そうです。メーカーもお客さんを選んでいるという衝撃の事実。(業界内ではあたりまえ)

 

 

 

(ここからちょっと長いですが、重要です。)

 

 

「何言ってんの?意味わかんない。」と思われるかもしれません。が、以下の例を見ると分かるでしょう。

 

 

住宅展示場の場合

 

アンパンショーを見に来たついでに、ちょっと入ってきただけのママ友集団は営業マンに全く相手にされません。もちろん資料ももえらません。

 

一方、家族で家のパンフレット片手に入ってきた人は一目でロックオンされます。ぐいぐい案内して、間取りの提案までアポとりしようとしてきます。

 

 

ネットでの依頼の場合

 

これがネットでのやり取りになるとどうなるのか、現場のリアルを教えます。

 

例えば以下の様に2つの依頼が同時にきた場合、どちらがしっかりとした提案を受けれるか分かりますか?

 

 

Aさんの依頼

■予算3000万位
■3LDK
■2階建
■35坪くらい
■玄関は東側
■吹き抜けあり
■和室はいらない

Bさんの依頼

基本的な要素
■大人2人 子2人
■2階建て (4LDK)
■35坪くらい
■予算3000万くらい

 

希望する間取り
■駐車台数 1台+予備1台
■1階部分(LDK+和室+水廻り)
■2階部分(夫婦の寝室×1子供部屋×2)

 

要望優先順位
1.L字型の家を見てみたい
2.LDKにロフトが欲しい
3.家事動線を重視したい
4.室内干しができるスペースが必要
5.リビングは勾配天井がよい
6.玄関入って手洗いができるようにしたい

 

内容が良い会社を検討の候補に考えたいです。よろしくお願いします。

 

 

 

如何でしょうか?少し極端な例ですが、この2つの依頼があった場合、間違いなく、Bさんがしっかり提案を受けることができる可能性が高くなります。

 

Aさんは「依頼の仕方」が丁寧でないので、あまり良い印象を持ちませんし、本気度も感じられません。情報量も不足しています。冷やかしかな?と思われておしまいです。

 

 

お気付きでしょうか??

 

 

 

営業マンとの対面がない為、文章でのやり取りだけであなたの本気度や、人物像を判断されます。

 

 

 

沢山の依頼があれば、全ての依頼に対して平等に力を入れてくれません。何となく資料が欲しいだけの人より、本気で考えている人にしっかりした提案をして営業活動につなげたくなるのは至極当然のことです。

 

タウンライフ,間取り,プラン

 

当サイトが試しに依頼して きちんとしたプランを送ってもらえた理由は、「メーカーをその気にさせる、正しい依頼」をしたからに他なりません。

 

タウンライフ間取りの良い所

 

 

  • 営業マンのしつこい営業を受けない
  • 一括で依頼ができるので、時間がかからない
  • 多くの案を比較できる
  • 部分的にも採用してみたい案がみつかる可能性がある

 

 

しつこい営業を受けない

住所や名前は入力する必要はありますが、それでおしまいです。展示場に行った時のように、営業マンがグイグイ来ない点は、非常に気が楽でした。

 

 

一括で依頼ができる

展示場に行って、依頼使用と思うと1社1時間位かけて話さなければ行けません。3社依頼しようとすると同じことを3回も繰り返す必要があります。

 

それが一切ないので非常に助かります。1社だろうが、5社だろうが依頼する手間は同じです、だって一括依頼です。

 

 

多くの案を比較できる

実際に、違う建築士、メーカーが作ってくれるプランは、それぞれの考え方があるので、かなり違うパターンんの間取りを見ることができました。

 

 

▼特に下記の1案は、色々参考になるポイントが多かった間取り▼

タウンライフ,間取り,プラン

 

他の建築士やメーカーはどんなプランを持ってくるのか見れたので非常に面白かったですね。

 

 

これはイマイチだなというプランも,もちろありましたが、なるほどね-というプランもあるので間取りを比較する楽しさがあります。

 

タウンライフ間取りのダメな所

 

正しい依頼を実践した結果、きちんとした資料を送ってもらえたので不満はありませんが、あえて言うならば

 

 

  • 営業マンと対面しないので、細かな要望のニュアンスは伝えることができない
  • 間取りについて説明を受けることができない
  • 参考にならない間取りもある

 

 

▼イマイチだった間取りもあります・・・▼

タウンライフ,間取り,プラン

 

このあたりは、ネット依頼ですので仕方ないですが、デメリットの部分です。

 

しかし多くの資料が手元にくれば、比較できる材料も十分そろいます。その為自分たちに合った間取りは説明がなくても十分参考なります。

よくある口コミは?

 

よくある口コミを紹介します。依頼を受ける側であり、一般側として依頼してみたからこそ分かる意見もつけておきます。

 

 

 

口コミサイトより・・・

 

カタログしか送られてこなかった。間取りはどこのメーカーからも送ってもらえず、個人情報をとられただけで終わった。


 

 

依頼の仕方のどこかにイマイチな部分があるはずです。本気度や丁寧さ、具体的な要望など、正しい依頼ができれば、常識あるメーカーは対応してくれるはずです。

 

 

 

口コミサイトより・・・

 

全部をオンラインで済ませたかったのに、「カタログを渡したいので、訪問していいですか?」という連絡がきた。


 

 

基本的にオンラインで完結できます。備考欄がありますので、電話や訪問はダメという旨のと記載しておけば問題ありません。ただしメールはきます。

 

しかしこれも書き方注意です。「営業の電話や、訪問はNGです」この表現ではだめです。「じっくり依頼先を検討したいので、営業の電話や、訪問はご遠慮ください。」これはOKです。

 

 

 

口コミサイトより・・・

 

最初はハウスメーカーを比較できたらいいか、という程度の期待しかしていなかったが、カタログや資金計画、土地情報など、詳細な情報が入手出来て良かった。


 

 

「カタログしか送られてこなかった」という方がいる一方、期待以上という方がいるのも事実。依頼された側も「対応したい」と思われた結果だと思います。

まとめ:正しい依頼方法を実践すれば役に立つ

タウンライフ,間取り,プラン

 

ここまで紹介しましたが、正しい依頼ができれば次のような知識と資料が手に入ります。

 

 

 

  • 比較して分かる、理想とする家のヒント
  •  

  • 実際の間取りと見積を手にすることで分かる間取り感覚・予算相場

 

 

 

この様な知識と感覚を得ることができるサービスです。

 

 

 

色々な案を検討する努力をしてこそ、理想の間取りへ一歩ずつ前進するのです。ぜひ、少しだけ頑張って沢山の案を見て欲しいと思います。

 

 

 

タウンライフ,間取り,プラン

間取り×メーカー=予算(価格)を判断する実際の資料を取り寄せてみよう↓↓

 

▼間取り・予算の知識をつけて正しい判断をしていく▼

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


 

タウンライフ,間取り,プラン