二世帯住宅(単世帯で親と同居型タイプ)

7人家族の2世帯住宅の間取り例

この家のデータ

6LDK

1階:82.16u 2階:57.63u 延べ床面積:139.79u(42.28坪) 
外観テイスト:スクエアモダン

 

この間取りで参考になるポイントはココ!

  • 玄関・設備共用型の2世帯
  • 広々としたLDK+和室
  • 独立洗面の位置

 

▼▼配置・平面・立面▼▼

二世帯住宅,同居

 

 

平面計画のポイント

Point:大人数でも広々使えるゾーニング
7人家族の大家族であつまってもくつろげる空間構成。和室を含めてゆったりと使えるのでLDKを広く感じる事ができます。LDKをゆったりと使える間取りにするときの基本的な考え方です。

 

和室はキッチンからも近く、子供を寝かしておく場所としても、遊び場としても重宝する空間になっています。和室は収納もついているので遊んだおもちゃをすぐ片づける事も出来、片付いた空間に保ちやすいというメリットもあります。

 

 

二世帯住宅,同居

 

Point:アイランド型のキッチン
キッチン自体がアイランド型ですが、横付けでダイニングテーブルをセットするレイアウトにしています。このレイアウトはキッチンの前を収納として使え、作った料理をそのまま配膳できるというメリットがあります。

 

キッチンとダイニングテーブルを合わせて広々と使えるので2世帯で同時にキッチンに立っても窮屈な感じはしないのです。

 

 

Point:独立洗面
大人数で暮らす場合や、女性家族が多いケースでは朝洗面が込み合います。しかも長時間使う事が多いのではないでしょうか。そのような生活が想像されるときは、洗面を脱衣所から独立させて2ボールとすると一度に数人が使えて込み合うストレスも解消することができます。

 

 

Point:子供部屋と話した寝室
2階に設けた寝室は子供部屋と廊下を挟んで離れた位置に配置しています。寝室などにテレビなどを設置すると音が気になりますが、そのような音も気にせずに済む配置計画になっています。廊下がもったいないように感じますが、しっかりと役割を持った廊下になっています。

 

 

 

 

この間取りのイマイチポイント

  • 和室はLDKの一部なので客間としては向かない
  • LDKと1階の寝室が近いので音や気配が気になる